1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 災害>
  4. Q&A くらし

くらし

Q&A くらし

災害

火災や事故、急病の時119番へ電話をかけますが、どのようなことを話せばいいのですか?
質問
火災や事故、急病の時119番へ電話をかけますが、どのようなことを話せばいいのですか?
回答

119番通報する際は次のことに注意してください。

  1. 正しくダイヤルする。
    あわてずに落ち着いて119番をかけます。(かける前に深呼吸しましょう)
  2. 何が起きたのか通信指令員がお聞きします。(はい、消防署です。火災ですか、救急ですか)あわてずに落ち着いて(火事です)(救急です)(事故で救助が必要です)
  3. 場所はどこなのか住所をお聞きします。栄町〇〇、△△番地の□□(氏名)です。住所がわからないときは目標物を伝える。××スーパー前の路上です。なお、栄町消防本部指令室のコンピューターには、20項目約1500件以上の目標物が登録されています。目標物の種類は、コンビニエンスストアー、病院、学校、ガソリンスタンド、橋、寺、銀行、郵便局、などです。
  4. どんな状況か具体的にはっきりと通報してください。(いつ、どこで、誰が(何が)、どうした)
    例 家の2階が燃えています。逃げ遅れた人はいません。(火災)
    例 子どもが車にはねられ、右足から出血しています。意識はあります。(救急)
    例 おじいさんがトイレで倒れて、意識がありません。(救急)
    例 車同士の交通事故です。運転手が挟まれて出られません。頭から出血しています。意識はあります。(救助)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは消防防災課です。

栄町消防本部 〒270-1546 千葉県印旛郡栄町生板鍋子新田乙20番地の71
【TEL】 0476-95-0119 【FAX】 0476-95-7630
メールでのお問い合わせはこちら