1. ホーム>
  2. 町政>
  3. 町の財政>
  4. 資金運用状況>
  5. 【平成23年度】資金運用状況 

町政

【平成23年度】資金運用状況 

栄町公金管理基準第11条により、公金の運用結果及び状況を公表します。

平成23年度資金運用結果

●平成23年度 運用種類別預貯金月別運用額

月別 運用額 運用種類
普通預金 定期預金
4月 1,133,565,166 1,133,565,166 0
5月 1,291,081,527 1,291,081,527 0
6月 1,861,180,429 691,409,557 1,169,770,872
7月 1,805,711,493 635,940,621 1,169,770,872
8月 1,869,688,126 709,917,254 1,159,770,872
9月 1,636,148,434 966,577,562 669,570,872
10月 1,251,319,152 281,748,280 969,570,872
11月 1,368,948,633 286,971,761 1,081,976,872
12月 1,307,423,446 551,058,574 756,364,872
1月 1,193,429,995 437,065,123 756,364,872
2月 1,009,973,306 253,608,434 756,364,872
3月 1,415,165,325 1,415,165,325 0
合計 17,143,635,032 8,654,109,184 8,489,525,848
平均 1,428,636,253 721,175,765 707,460,487
構成比(%) 100 50.48 49.52


●平成23年度 運用種類別預貯金月別運用表・運用種類構成割合(PDF形式)

公金の運用状況

 町では、税金など町民の皆様からお預かりした公金を町公金管理基準に基づき金融機関へ預け保管しております。公金は、大きく分けて収入済額から支出済額を差引いた残額「歳計現金(支払準備金)」と特定の目的のため積立てている資金「基金」があります。

●栄町の主な公金の状況 (平成24年10月31日現在)

種別と金額 内  容  説  明
歳計現金
約 1億8,038万円
 歳計現金とは、地方公共団体の歳入歳出に属する現金、すなわち一会計年度における一切の収入又は支出に係る現金をいいます。つまり栄町の一般会計及び特別会計に計上した歳入歳出予算に属する現金で、日々の町税などの歳入及び事業などに対する歳出に属する現金のことです。
歳入歳出外現金
約 6,602万円
 歳入歳出外現金とは、地方公共団体の所有に属さない現金で、法律又は政令の規定により地方公共団体の保管する現金のことです。その受入又は払出しが歳入歳出予算に計上されない現金でいわゆる預かり金的なものです。【例示:所得税・共済掛金など】
基金
約 8億9,393万円
 基金は、地方公共団体が条例の定めるところにより、特定の目的のために財産を維持し、積み立て、又は定額の資金を運用するために設けられる資金又は財産をいいます。また、基金は定額を運用するものと特定の目的のために積み立てるものの2つに大別されます。現在、町では定額運用基金3つ、積立基金9つの12基金があります。

●平成24年10月31日現在の、公金の運用状況グラフ(PDF形式)

関連ファイルダウンロード

Adobe Acobat Rederはこちら

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。

お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは出納室 出納班です。

栄町役場 1F東 〒270-1592 千葉県印旛郡栄町安食台1丁目2番
【TEL】 0476-33-7714
メールでのお問い合わせはこちら