1. 栄町教育委員会ホーム
  2. 文化財
  3. 岩屋古墳発掘調査
  4. 国史跡岩屋古墳第2次発掘調査の成果について

国史跡岩屋古墳第2次発掘調査の成果について

第2次調査 平成24年5月28日~6月29日の期間で実施した第2次発掘調査の成果については次のことが明らかになりました。

 

古墳は南側を除いて3辺は内外の2重周溝を有していたこと。
内周溝の両壁は、板張りであった可能性があること。
周堤帯上面に硬化面を有する溝(通路?)が巡っていること。
周堤下部と3段築成の1段めは地山を削り出して造られていること。
西側に隣接する104号墳とは重複していないこと。
東側調査区から多量の筑波石の破片が出土し、石室板材の加工場との関連が示唆されること。
GPS測量により古墳の大きさは、東西108.108m、南北96.604mであることが判明し、日本最大の方墳であることが確定したこと。

  

 

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 文化財班です。

ふれあいプラザさかえ 1F 〒270-1516 千葉県印旛郡栄町安食938番地1
【TEL】 0476-95-1112 【FAX】 0476-95-9500
メールでのお問い合わせはこちら

このページの先頭へ