1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 協働のとりくみ紹介>
  4. 住民活動支援センター

くらし

住民活動支援センター

住民活動支援センターは平成13年、地域住民が抱える課題の解決に向け、自分たちのまちは自分たちの力で住みやすくするという活動を支援する目的で設立されました。12年が経過した今年は、登録団体数が148件を数えるまでになりました。また、施設の年間利用者数は延べ1万人を超え、個人や団体活動の相談業務、団体同士の交流サロンとしての役割、分野別の交流会やフォーラムを開催するなど活動範囲は多岐に渡っています。また、毎月1回支援センターだよりを取材・編集・発行し続け、8月で131号になるなど、様ざまな情報を発信し続けています。

事務局長の山野井さんは、そうした町民の活動に耳を傾け、手助けや最善の方法を探すコーディネート役を平成16年から始めて今年で9年目を迎えました。「住民レベルで解決できる環境問題、防犯活動、子育て支援、産業振興など、多岐に渡る課題解決に向けて活動しているかたとの出会いを宝物として、これからも栄町を住みやすい町にするために活動しつづけたいです。」と語ってくれました。

10年前に比べると積極的な活動で住みやすくなってきていますが、支援センターでは新たなる課題解決に向け、一緒に活動してくれるかたや団体などを随時募集しています。

住民活動支援センターは、ふれあいセンター1階に設置されおり、センター内には、町内外からのたくさんの情報が掲示されてます。皆さんもぜひ、「住民活動支援センター」に立ち寄ってスタッフと気軽にお話ししてみてはいかがでしょうか?きっと、何か自分にできる活動が見つかるかも知れませんよ。そして、協働の輪を広げていきましょう。

 

【協働】支援センター2 【協働】支援センター1

【取材…ゴールデンボーイズ】

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは住民活動推進課です。

栄町役場 3F東 〒270-1592 千葉県印旛郡栄町安食台1丁目2番
【TEL】 0476-33-7705
メールでのお問い合わせはこちら