1. ホーム>
  2. 町政>
  3. 町の財政>
  4. 財政健全化法に基づく財政指標>
  5. 平成20年度の健全化判断比率等の状況を公表します

町政

平成20年度の健全化判断比率等の状況を公表します

健全化判断比率等の状況を公表します

町を鳥目線で撮影した写真

「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」は、自治体の財政状況のチェック及び財政悪化に対する早急な対処のための仕組みを設けることで、自治体の財政破綻を未然に防ぐことを目的に制定されました。

平成20年度決算の数値を基に算定した健全化判断比率と公営企業(栄町は公共下水道事業特別会計)の「資金不足比率」は全ての比率が健全段階であるということになりましたが、依然として厳しい財政状況に変わりはありません。

今後も引き続き、健全な財政運営に努めていきます。

区分栄町の比率早期健全化基準財政再生基準
実質赤字比率 ※1 - 15.0パーセント 20.0パーセント
連結実質赤字比率 ※1 - 20.0パーセント 40.0パーセント
実質公債費比率 14.3パーセント 25.0パーセント 35.0パーセント
将来負担比率 112.2パーセント 350.0パーセント  

※1 いずれにおいても黒字で、赤字比率は算定されないため、「-」表示となっています。

(1)実質赤字比率

福祉・教育・まちづくり等の施策を行う町の一般会計の赤字の程度を指標化し、一般会計の財政運営の状況を示します。

(2)連結実質赤字比率

一般会計の他、国民健康保険保・介護保険・老人保健・後期高齢者医療等の特別会計や公営事業会計(栄町は公共下水道事業特別会計)の全ての会計の赤字の程度を指標化し、町全体の財政運営の状況を示します。

(3)実質公債費比率

借入金の返済額及びこれに準じる額の大きさを指標化し、資金繰りの危険度を示します。

(4)将来負担比率

町債の借入金残高や、将来負担する可能性のある負債の程度を指標化し、将来財政を圧迫する可能性が高いかどうかを示します。

(5)資金不足比率

公営企業の資金不足を料金収入等と比較して指標化し、経営状況の状況を示します。

資金不足比率栄町の比率経営健全化基準
公共下水道事業特別会計 ※1 - 20.0パーセント

黒字のため、資金不足比率は算定されないため、「-」表示となっています。

財政健全化のイメージ

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは財政課です。

栄町役場 3F 〒270-1592 千葉県印旛郡栄町安食台1丁目2番
【TEL】 0476-33-7702
メールでのお問い合わせはこちら