1. ホーム>
  2. 町政>
  3. 町の財政>
  4. 財政事情(執行状況等)>
  5. 財政事情(執行状況等)>
  6. 平成18年度>
  7. 平成18年度 上半期(9月30日時点)の財政事情

町政

平成18年度 上半期(9月30日時点)の財政事情

平成18年度上半期の財政事情~9月30日現在の執行率41.5パーセント~

町民のみなさんが納めた税金、国や県からの支出金、町債などのお金(歳入)がどのように使われたか(歳出)を知っていただくため、町では毎年2回、町の財政事情を公表しています。今回は平成18年度上半期(4月1日~9月30日)の執行状況などについてお知らせします。

平成18年度の一般会計予算額は、62億1,830万6千円でスタートしましたが、9月定例議会において補正予算が可決され、歳入歳出それぞれ62億6,653万円となり、歳入は町税と地方交付税を中心に28億7,888万7千円で、予算額に対して45.9パーセントの収納率となっています。また、歳出は総務費、民生費、教育費、公債費を中心に26億92万2千円で、予算額に対して41.5パーセントの執行率となっています。

なお、上半期(9月末現在)の歳入歳出の状況は次のようになっています。

1.一般会計

歳入
予算現額収入済額収納率
62億6,653万円 28億7,888万7千円 45.9パーセント
歳入内訳
 予算現額収入済額収納率
町税 25億3,763万6千円 14億2,864万2千円 56.3パーセント
地方譲与税 2億7,363万8千円 1億1,173万1千円 40.8パーセント
利子割交付金 1,097万5千円 444万2千円 40.5パーセント
配当割交付金 962万1千円 547万0千円 56.9パーセント
株式等譲渡所得割交付金 1,265万8千円 4万1千円 0.3パーセント
地方消費税交付金 2億360万9千円 1億1,376万4千円 55.9パーセント
ゴルフ場利用税交付金 2,514万3千円 735万9千円 29.3パーセント
自動車取得税交付金 8,876万5千円 3,035万3千円 34.2パーセント
地方特例交付金 9,539万9千円 9,539万9千円 100.0パーセント
地方交付税 10億2,330万4千円 7億2,870万8千円 71.2パーセント
交通安全対策特別交付金 439万2千円 286万0千円 65.1パーセント
分担金及び負担金 1億6,189万0千円 7,257万3千円 44.8パーセント
使用料及び手数料 1億458万8千円 4,165万0千円 39.8パーセント
国庫支出金 3億6,775万9千円 2,868万6千円 7.8パーセント
県支出金 2億893万0千円 3,854万9千円 18.5パーセント
財産収入 1億5,806万6千円 1,026万9千円 6.5パーセント
寄附金 416万5千円 3万0千円 0.7パーセント
繰入金 5,776万1千円 0 0.0パーセント
繰越金 1億2,399万3千円 1億2,399万3千円 100.0パーセント
諸収入 1億1,263万8千円 3,436万9千円 30.5パーセント
町債 6億8,160万0千円 0 0.0パーセント
歳出
予算現額支出済額執行率
62億6,653万円 26億92万2千円 41.5パーセント
歳出内訳
歳出予算現額支出済額執行率
議会費 1億302万4千円 5,146万0千円 49.9パーセント
総務費 12億970万0千円 5億6,559万8千円 46.8パーセント
民生費 11億3,214万2千円 4億3,798万2千円 38.7パーセント
衛生費 6億9,607万3千円 2億7,734万1千円 39.8パーセント
農林水産業費 5,737万5千円 2,649万7千円 46.2パーセント
商工費 3,633万6千円 2,091万3千円 57.6パーセント
土木費 2億9,054万5千円 1億193万0千円 35.1パーセント
消防費 4億836万4千円 1億8,889万2千円 46.3パーセント
教育費 12億3,874万1千円 4億4,643万1千円 36.0パーセント
公債費 10億824万7千円 4億8,387万8千円 48.0パーセント
諸支出金 7,745万6千円 0 0.0パーセント
予備費 852万7千円 0 0.0パーセント

歳入・歳出の用語の説明

2.特別会計

特別会計とは、特定の事業を行う場合などに条例に基づき設置するもので、一般の歳入・歳出と区別して経理するための会計です。

会計予算現額収入済額収納率
支出済額執行率
国民健康保険 19億1387万7千円 7億3,404万0千円 38.4パーセント
7億9,563万1千円 41.6パーセント
老人保健 15億3,382万2千円 6億6,035万9千円 43.1パーセント
6億6,028万1千円 43.0パーセント
介護保険 9億3,882万9千円 3億8,884万7千円 41.4パーセント
3億4,168万5千円 36.4パーセント
公共下水道事業 7億2,584万5千円 3億877万0千円 42.5パーセント
2億7,002万4千円 37.2パーセント

※国民健康保険特別会計においては、支出済額が収入済額を上回り、一時的に現金が不足していますので、基金等からの繰り替え運用により対応をしています。

3.町債の現在高

 17年度末現在高上期償還元金18年度9月末現在高主な使途
総務債 28億6,995万3千円 1億2,087万0千円 27億4,908万3千円 ふれあいプラザさかえ建設や役場庁舎建設など
民生債 2,124万0千円 84万2千円 2,039万8千円 公衆トイレ整備
衛生債 6億894万7千円 1,269万0千円 5億9,625万7千円 上水道事業出資金
農林水産業債 560万0千円 0 560万0千円 生産基盤整備
土木債 9億4,825万8千円 4,020万2千円 9億805万6千円 道路・公園整備
消防債 7億9,408万4千円 3,778万4千円 7億5,630万0千円 消防庁舎や消防施設整備など
教育債 25億3,071万1千円 1億668万8千円 24億2,402万3千円 小中学校整備
県貸付金 1億4,060万8千円 0 1億4,060万8千円 ふれあいプラザさかえ建設、小中学校整備、道路整備など
減税補てん債 9億3,169万2千円 3,648万8千円 8億9,520万4千円 減税に伴う減収額の補てん
臨時税収補てん債 8,074万7千円 299万4千円 7,775万3千円 平成9年度分地方消費税の補てん
臨時財政対策債 17億2,928万8千円 1,086万3千円 17億1,842万5千円 財源不足の補てん
合計 106億6,112万8千円 3億6,942万1千円 102億9,170万7千円  

※町債とは、町が学校、公園などの特定の建設事業を行うときや特別減税などにより財源が不足したときに、国などから借り入れるものをいいます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは財政課です。

栄町役場 3F 〒270-1592 千葉県印旛郡栄町安食台1丁目2番
【TEL】 0476-33-7702
メールでのお問い合わせはこちら