1. ホーム>
  2. 町政>
  3. 個人情報保護・情報公開>
  4. 町職員の給与の公表>
  5. 平成26年度 町職員の給与の公表

町政

平成26年度 町職員の給与の公表

1 総括

 (1) 人件費の状況(普通会計決算)
区分

住民基本台帳人口
(26年1月1日)

歳出額A 実質収支 人件費B 人件費率
(B/A)
参考
24年度の人件費率
 25年度 22,011人  7,204,728千円  279,302千円 1,821,460千円  25.2%  30.4%

注1…人件費とは、議員/各種委員/職員などに対する給与/報酬として支払われる経費をいう
注2…一般会計とは、下水道/国民健康保険/介護保険/後期高齢者医療会計を除くものです
 (2) 職員給与費の状況(普通会計決算)
区分 職員数 A 給与費 1人当り給与費
B/A
(参考)
類似団体平均1人当たり給与費
給料 職員手当 期末・勤勉手当 計 B
 25年度 220人 905,228千円  112,159千円  332,492千円  1,349,879千円   6,135千円 5,601千円

注1…職員手当には退職手当を含まない
注2…職員数は、25年4月1日現在の人数である
注3…給与費については任期付短時間勤務職員(再任用職員(短時間勤務))の給与費が含まれており、職員数には当該職員を含んでいない

 (3) ラスパイレス指数の状況

 ラスパイレス指数 

注1…ラスパイレス指数とは、国家公務員の給与水準を100とした場合の、地方公務員の給与水準を示す指数です
注2…類似団体平均とは、人口規模、産業構造が類似している団体のラスパイレス指数を単純平均したものです
注3…「参考値」は、国家公務員の時限的な(2年間)給与改定特例法による措置が無いとした場合の値である

 (4) 給与制度の総合的見直しの実施状況
区 分 内 容
給料表の見直し

一般職の給料表について、国の見直し内容を踏まえ、平均2%引下げ。若年層については改定を行わず、高齢層については最大4%の引下げ。激変緩和のため、3年間(平成30年3月31日まで)の経過措置(現給保障)を実施。 

地域手当の見直し

国基準6%に対し、栄町においては4%を支給。財政状況を勘案したうえで段階的に支給割合を引上げることとし、平成27年度は4%。

その他の見直し 管理職員特別勤務手当について、国と同様に見直しを実施。
実施時期 平成27年4月1日
 (5) 給与などの減額措置の状況 

町では、厳しい財政状況を踏まえ、次のとおり給与などの減額措置を行なっています

区分 種別 対象職員 実施期間 実施内容
 特別職等 給料   町長/副町長/教育長  H26.4~H27.3  支給額7%減額
 一般職  管理職手当  管理職  H26.4~H27.3 支給額10%減額 

 2 職員の平均給与月額・初任給などの状況

 (1) 職員の平均年令/平均給料月額および平均給与月額の状況(平成26年4月1日現在)
①一般行政職
区 分 平均年令 平均給料月額 平均給与月額 平均給与月額(国ベース)
栄 町 48.3歳 364,800円

404,200円

393,547円
千葉県 42.8歳 333,944円 424,045円 381,714円
43.5歳 335,000円 408,472円
類似団体 42.3歳 316,054円 372,370円 347,095円

注1…「平均給料月額」とは、平成26年4月1日現在における各職種ごとに職員の基本給の平均です
注2…「平均給与月額」とは、給料月額と毎月支払われる扶養手当/地域手当/住居手当・時間外勤務手当てなどの、すべての諸手当の額を合計したものです

 (2) 職員の初任給の状況(平成26年4月1日現在)
区  分 栄 町 千葉県
一般行政職 大学卒 180,800円 180,800円 172,200円
高校卒 146,200円 146,200円 140,100円
 (3) 職員の経験年齢別・学歴別平均給料月額の状況(平成26年4月1日現在)
区  分 経験年数10年 経験年数20年

経験年数25年

経験年数30年  

一般行政職 大学卒 265,700円

344,400円

378,240円

398,567円
高校卒

208,900円

323,950円

351,833円

365,833円

3 一般行政職の級別職員数などの状況

 (1) 一般行政職の級別職員数及び給与表の状況(平成26年4月1日現在)
区分 標準的な職務内容 職員数 構成比 1号給の給与月額 最高号給の給与月額

7級

1.参事、課長、会計管理者、担当課長の職務
2.前項の職員の職と同等と認められる職務  

18人 10.9%

367,500円

456,200円
6級 1.課長補佐、出納室長、室長、次長、主幹の職務
2.前項の職員の職と同等と認められる職務
22人 13.3% 322,100円 422,600円
5級 1.班長、副主幹の職務
2.前項の職員の職と同等と認められる職務
32人 19.4% 290,700円 400,600円
4級 1.主査の職務
2.前項の職員の職と同等と認められる職務
43人

26.1%

263,500円 388,300円
3級 1.副主査の職務
2.前項の職員の職と同等と認められる職務
46人  27.9%  226,300円  354,700円
2級 1.主事、技師の職務
2.前項の職員の職と同等と認められる職務 
 3人 1.8%  189,700円  308,000円
1級 1.主事補、技師補の職務
2.前項の職員の職と同等と認められる職務 
 1人  0.6% 139,200円  244,900円 

注1…栄町の給与条例に基づく給料表の級区分による職員数である
注2…標準的な職務内容とは、それぞれの級に該当する代表的な職務である

給別職員数H26

 (2) 昇給への勤務成績の反映状況

 地方公務員法第40条に基づき、毎月4月1日及び10月1日を基準日として勤務評定(定期評定)を実施している。なお、昇給にあたっての勤務成績の証明として、昇給日(4月1日)前に行われた2回の定期評定を基礎として行なっている。また、新たな人事評価制度として、目標管理による役割達成評価を加え、制度の構築に取り組んでいるところである。

4 職員手当の状況

 (1) 期末手当/勤勉手当
栄 町 千葉県
1人当り平均支給額
(25年度)
1,471千円
一人当り平均支給額
(25年度)
1,539千円

(25年度支給割合)
期末手当 勤勉手当
2.60月分 1.35月分
(1.45月分)(0.65月分)

(25年度支給割合)
期末手当 勤勉手当
2.60月分 1.35月分
(1.45月分)(0.65月分)
(25年度支給割合)
期末手当 勤勉手当
2.60月分 1.35月分
(1.45月分)(0.65月分)
(加算措置の状況)
職制上の段階、職務の級等による加算措置
(加算措置の状況)
職制上の段階、職務の級等による加算措置
(加算措置の状況)
職制上の段階、職務の級等による加算措置

注…( )内は、再任用職員に係る支給割合です

【参考】勤勉手当への勤務成績の反映状況(一般行政職)
 定期評定(基準日:4月1日及び10月1日)の結果に基づき、評価項目(能力・意欲・実績)の平均点に職階による加重を加え、100点換算した総合評価に基づき、成績率を決定

 (2) 退職手当(平成26年4月1日現在)
  栄町
支給率 自己都合 勧奨・定年 自己都合 勧奨・定年
勤続20年 21.62月分 27.025月分 21.62月分 27.025月分
勤続25年 30.82月分 36.57月分 30.82月分 36.57月分
勤続35年 43.7月分 52.44月分 43.7月分 52.44月分
最高限度額 52.44月分

52.44月分

52.44月分 52.44月分
その他の加算措置…定年前早期退職特例措置…2~20%加算
(退職時特別昇給なし)
1人当り平均支給額…18,964千円
その他の加算措置…定年前早期退職特例措置…2~45%加算

注…退職手当の1人当りの平均支給額は、平成25年度に退職した職員に支給された平均額です。

 (3) 地域手当(平成26年4月1日現在)
支給実績(平成25年度決算) 30,239千円
支給職員一人当り平均支給年額(24年度決算) 122,543千円
支給対象地域 支給率 支給対象職員数 国の制度(支給率)
栄町全域 3% 238人 3%
 (4) 特殊勤務手当(平成26年4月1日現在)
支給実績(25年度決算) 5千円
支給職員一人当り平均支給年額(24年度決算) 1,885円
職員全体に占める手当支給職員の割合(24年度) 2.8%
手当の種類(手当数)
手当の名称 主な支給対象職員 主な支給対象事業 左記職員に対する支給単価
感染症作業手当 感染症患者等の救護、防疫作業に従事する職員 消防業務 
保健業務
 作業1日につき500円
救急救命手当 救急救命活動に従事する救急救命士  救急救命業務  救急救命処置1日につき400円
災害出動手当 非常災害の場合に命令により出動し、災害拡大防止・復旧活動等に従事する職員  災害復旧・防止に関わる業務  災害出動1回につき400円
 (5) 時間外勤務手当
支給実績(24年度決算) 16,268千円
職員一人当り平均支給年額(24年度決算) 72千円
支給実績(25年度決算) 20,837千円
職員一人当り平均支給年額(25年度決算) 93千円

注…職員一人当たり平均支給額を算出する際の職員数は、「支給実績(各年度の決算)」と同じ年度の4月1日現在の総職員数(管理職員、教育職員等、制度上時間外勤務手当の支給対象とはならない職員を除く。)であり、短時間勤務職員を含む。

  (6) その他の手当(平成26年4月1日現在)
手当名 内           容 国の制度と異なる内容 支給実績
(25年度決算)
支給職員1人当たり
平均支給年額
(25年度決算)
扶養手当

扶養親族のある職員に対して支給
配偶者13,000円
配偶者以外の親族1人6,500円
16歳から22歳までの子1人につき、5,000円の加算

  37,261千円 253,479円
住居手当

借家の場合(家賃12,000円を超える場合に限る)
家賃の額に応じて、27,000円を限度に支給

  4,280千円 237,802円
通勤手当

電車・バスなどを利用する場合、定期代など1ヵ月当り55,000円まで全額支給
乗用車などを利用する場合、使用距離に応じて2,000円から31,600円を支給

  13,268千円 64,726円

管理職 手当

管理・監督の地位(課長職)にある職員に支給平成22年度から特例措置により月額35,400円から10%を減じた額を支給

 ― 6,390千円 319,540円
休日勤務手当

祝日法による休日及び年末年始の休日等に勤務する場合に支給
勤務1時間あたりの給与額に100分の135の割合を乗じた額を支給

  12,563千円 330,607円
夜間勤務手当

午後10時から翌日の5時までの間に勤務した場合に支給
勤務1時間あたりの給与額に100分の25の割合を乗じた額を支給

  3,074千円 80,913円
宿日直 手当

宿日直勤務をした場合に支給
1回の勤務につき4,200円を支給

  626千円

4,200円

 5 特別職の報酬などの状況(平成26年4月1日現在)

区分 給料月額等 (参考)類似団体における最高/最低額
給料 町 長 669,600円 (720,000円)  904,000円/383,500円
副町長 558,000円 (600,000円) 750,000円/478,800円
報酬   議 長 320,000円 486,500円/227,000円
副議長 270,000円 419,300円/182,000円
常任委員会委員長及び
議会運営委員会委員長
260,000円

 ―

議 員 250,000円 390,000円/157,000円

期末手当

町 長 (25年度支給割合) 6月期 1.9月分 12月期 2.05月分 合計 3.95月分 
副町長
議 長 (25年度支給割合) 6月期 1.55月分 12月期 1.7月分 合計 3.25月分
副議長
議 員
退職手当   (算定方式)               1期の手当額      (支給時期)
町 長 給料月額×35/100×在職月数   11,249,280円       任期ごと
副町長 給料月額×25/100×在職月数    6,696,000円       任期ごと

注1…給料及び報酬の(  )内は、減額措置を行う前の金額です
注2…退職手当の「1期の手当額」は、4月1日現在の給料月額表及び支給率に基づき、1期(4年=48月)勤めた場合における退職手当の見込額である

6 職員数の状況

 (1) 部門別職員数の状況と主な増減理由(各年4月1日現在)
区 分

部 門
職員数

対前年
増減数

主な増減理由 
  平成26年度 平成25年度
普通会計
部門
一般行政 議会 3 3 0  
総務 47 48 -1  業務量に応じた配置人員の見直し
税務 13 13 0  
民生 21 21 0  
衛生 19 20 -1  業務量に応じた配置人員の見直し
労働 0 0 0  
農林水産 8 8 0  
商工 5 6 -1  業務量に応じた配置人員の見直し
土木 18 19 -1  業務量に応じた配置人員の見直し
134 138 -4

 <参考>
人口10,000人当たり職員数61.2人
(類似団体の人口10,000人当たり職員数   51.2人)

教育部門 36 37

-1

 業務量に応じた配置人員の見直し
消防部門 46 46 0  
小計 216 221  -5

 <参考>
人口10000人当たり職員数98.6人
(類似団体の人口10,000人当たり職員数 67.04人)

公営企業等
会計部門
下水道
その他
6
17
6
17
0
0
 
小 計 23 23 0  
合   計 239
[341]
244
[341]
-5
[0]

 <参考>
人口10,000人当たりの職員数           109.1人

注1…職員数は一般職に属する職員数である。(  )内は、条例定数の合計である
注2…[ ]内は、条例定数の合計である。

 (2) 年齢別職員構成の状況(平成26年4月1日現在)

年齢別職員厚生比H26

区分 20歳
未満
20~
23歳
24~
27歳
28~
31歳
32~
35歳
36~
39歳
40~
43歳
44~
47歳
48~
51歳
52~
55歳
56~
59歳
60歳
以上
職員数 1 4 9 6 5 13 41 43 54 39 23 0 238
 (3) 職員数の推移
年度
部門別
21年 22年 23年 24年 25年 26年 過去5年間の増減数(率)
一般行政職 143 137 139 139 138 134 -9 -6.3%
教育 44 44 42 38 37 36 -8 -18.2%
消防 46 45 47 46 46 46 0 0%
普通会計 233 226 228 223 221 216 -17 -7.3%
公営企業等会計 31 30 24 23 23 23 -8 -25.8%
総合 264 256 252 246 244 239 -25 -9.5%

※各年における定員管理調査において、報告した部門別職員数

 

地方公共的団体給与情報等公表システム

 地方公務員の給与や定員管理の状況については国民・住民にその状況が明らかにされ、住民自治に基づく適正化が推進されることが重要です。ここでは、地方公共団体の協力を得て、以下に掲げるような個々の団体の情報を各団体が総務省で示した統一の様式でホームページに公表し、それとリンクさせることにより、全国の地方公共団体 相互間で比較や分析が可能となるようにしています。
•ラスパイレス指数の変化と全国平均や類似団体との比較グラフ
•人事委員会勧告における公民給与の比較
•一般行政職、教育職などの職種毎の給与の状況と類似団体や国との比較
技能労務職については、民間の類似職種との比較を追加(平成19年度~)
•特殊勤務手当も含め全ての手当の状況
•級別職員数の状況を示すグラフ
•特別職の報酬等の状況(退職手当も含む)
•定員の類似団体との比較、年齢別の人員構成グラフ、「集中改革プラン」における定員管理の数値目標及び進捗状況等
•公営企業職員についても、上記に準じて公表

総務省地方公共的団体給与情報等公表システムのホームページ

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 秘書人事班です。

栄町役場 3F西 〒270-1592 千葉県印旛郡栄町安食台1丁目2番
【TEL】 0476-95-1111(代表)
メールでのお問い合わせはこちら