1. ホーム>
  2. 町政>
  3. 市町村合併>
  4. 平成16年 取り組み・進行状況>
  5. 7月臨時議会での町長の施政方針から - 市町村合併に関するその後の経過

町政

7月臨時議会での町長の施政方針から - 市町村合併に関するその後の経過

7月臨時議会での、町長の「行政報告」について、掲載します。

市町村合併に関する、その後の経過

町議会での様子

去る6月29日に、小林成田市長が当町に来庁され、4月16日付けで提出した要望書に対しての回答をいただきました。

内容につきまして、結論から申しますと「今、進めている1市2町の枠組みを最優先させる」というものでございます。

現在、成田市には、栄町を含め多古町、神崎町、芝山町から合併の申し出・要望が提出されておりますが、すでに成田市、下総町、大栄町による合併協議会を設置し、具体的な協議、調整を進めている段階であり、まずは「現在の1市2町の合併を最優先させたい」ということから、今、ここで合併協議を新たに実施していくということは、大変難しい状況にある、というものでした。

ただ、成田市としては合併に関して門戸を閉ざすものではない、というお話もございました。

町といたしましては、このような状況ではありますが、小林市長が掲げる「空港を徹底的に活かしたまちづくり」、「人口20万人から30万人の北総の中心都市をめざす」などの成田市の将来像を踏まえ、合併新法の今後の展開状況を視野に入れつつ、合併協議の場の設置を粘り強く、そして積極的に成田市に働きかけていきたいと考えております。

また、新しい展開が生じた場合は、引き続き町民の皆様方や議員各位に随時、お知らせしてまいります。

合併問題は行政のみならず、議会、住民が一体となって推進していかなければなりません。今後ともご理解とご協力をお願いいたします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画政策課です。

栄町役場 3F東 〒270-1592 千葉県印旛郡栄町安食台1丁目2番
【TEL】 0476-33-7773
メールでのお問い合わせはこちら