1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 妊娠・出産・子育て>
  4. 子どもの予防接種>
  5. 日本脳炎の特例接種について

くらし

日本脳炎の特例接種について

接種対象年齢が拡大されました

ワクチンによる副反応を疑う事例があったことから平成17年5月から平成22年3月31日までの間、積極的な勧奨を差し控えていた日本脳炎の予防接種について、新しいワクチンが開発され、その有効性・安全性が確認されたため新ワクチンでの接種が開始となっています。
また、幼児期に受ける第1期の接種3回および9歳から13歳未満までに受ける第2期1回の接種を、差し控えにより受け終わっていない方への特例措置が適用されたことにより、接種時期が緩和されました。この制度改革によって勧奨差し控えの間に接種機会を逃した方が接種できることになりました。

接種が必要な方は、母子健康手帳をご持参のうえ、下記まで予診票を受け取りにお越しください。

 

特例措置(年齢は接種日時点)
特例措置対象者 平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方で、20歳未満の方に第1期の不足分および第2期1回が定期で接種できます。
附則4条対象者 平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれで、1期3回の接種が済んでいない方は、9歳~13歳未満までの間、未接種分を接種することが可能です。

 

日本脳炎の定期接種対象者(年齢は接種日時点)
第1期 生後6か月~7歳6か月未満 (3回接種)
第2期 9歳~13歳未満 (1回接種)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは福祉・子ども課 子育て包括支援室(子育て包括支援センター)です。

〒270-1516 千葉県印旛郡栄町安食938-1
【TEL】 0476-37-7185 【FAX】 0476-33-7765
メールでのお問い合わせはこちら