1. ホーム>
  2. 町政>
  3. 監査>
  4. 平成28年度(定例監査結果)

町政

平成28年度(定例監査結果)

平成28年12月2日

 

監査結果公告日 平成28年11月25日  

 

 平成28年度定例監査の結果は、町長及び議会に報告するとともに、次のとおり公表します。

栄町監査委員 山 本 博 久

栄町監査委員 松 島 一 夫

 

平成28年度定例監査結果報告書

1 監査実施日

  平成28年11月1日(火)

2 監査対象機関

  議会事務局、町長部局、選挙管理委員会事務局、農業委員会事務局、消防本部、教育委員会事務局、固定資産評価審査委員会事務局及び監査委員事務局

3 監査の方法

  監査対象機関から提出された監査資料及び監査対象の簿冊等の内容を審査し、下記の各項目について、町の事務の執行が法令等の定めに従って適正に行われているか、また、町の財務に関する事務の執行及び町の経営に係る事業の管理が法令等の定めに従って適正に行われているかどうかについて監査を実施した。

(1)平成28年度一般会計及び特別会計予算の執行状況については、下記の監査資料(平成28年9月30日現在)を活用し監査を実施した。

①平成28年度栄町一般会計予算執行表

②平成28年度栄町国民健康保険特別会計予算執行表

③平成28年度栄町介護保険特別会計予算執行表

④平成28年度栄町後期高齢者医療特別会計予算執行表

⑤平成28年度栄町公共下水道事業特別会計予算執行表

⑥平成28年度栄町矢口工業団地拡張事業特別会計予算執行表

⑦歳入歳出状況前年度比較表

(2)平成28年度主要事業の進捗状況等については、栄町後期基本計画及び平成28年度当初予算における主要事業等の進捗状況説明書(平成28年9月30日現在)を活用し監査を実施した。また、下記事業の進捗状況について担当課の説明を求め監査を実施した。

①保育料の収納状況について(本年度半年の成果)(福祉子ども課)

②安食駅前活性化推進事業(園児送迎サービス事業)(福祉子ども課

③障害者の自立支援(就労支援等社会参加促進事業)(福祉子ども課

④観光拠点の整備(ドラムの里事業)(産業課)

⑤農作物及び農業資源等の有効活用の促進(農産物ブランド化事業)

黒豆生産拡大推進事業(産業課)

⑥給食費の収納状況について(本年度半年の成果)(学校教育課)

⑦きめ細かな学校教育の推進(国際化に対応した人間教育事業)

(学校教育課)

⑧下水道の普及促進(公共下水道普及促進事業)(下水道課)

⑨汚水の適正処理(処理場施設長寿命化事業)(下水道課)

災害対策の整備(防災行政無線デジタル化事業)(消防防災課)

4 監査結果

  平成28年度栄町一般会計及び特別会計予算の執行状況並びに主要な事業の執行状況(上半期4月~9月)について、監査を実施した結果、一般会計を見ると、歳入については、地方交付税、寄附金(ふるさと応援寄付金)、諸収入、繰越金などが増加しており、国庫支出金・県支出金などは事業の関係から減少するとともに、町税についても減少している状況ではあるが、全体としては前年度と比較すると、202,821千円増加している。

  また、町税などの収納率を見ると、現年度分は横ばいではあるが、滞納繰越分は3.8ポイント上昇し、全体で1.1ポイント上昇、保育料・給食費についても現年度分の収納率は向上しており、引き続き収納率の向上に向けての取り組みを期待する。

一方、歳出については厳しい財政状況の中、予算執行計画に基づき計画的に執行されていた。

主要な事業について10事業を確認したが、概ね所期の成果を挙げており、効果的な事務処理がされているものと認められる。

特に、きめ細かな学校教育の推進(国際化に対応した人間教育事業)は、本年度オーストラリアから外国人英語講師を招き、国際化に対応した教育を進めていることから、小中学生の英語力の更なる向上を期待する。

また、離農者が増加し、作付面積の維持が困難な状況の中ではあるが、農産物ブランド化事業などは、将来的な展望が見込まれ、町の活性化につなげられる具体的なものを見出していかれるものと期待する。

なお、下半期の一般会計及び特別会計予算の執行についても、歳入は依然として厳しい状況に変わりはないものと推測されることから、今後とも綿密な財政計画のもと健全な行財政運営を望むものである。

 

 

問合せ 栄町監査委員事務局(栄町総務課行政班)

電 話 0476-95-1111(内線344)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 行政班です。

栄町役場 3F西 〒270-1592 千葉県印旛郡栄町安食台1丁目2番
【TEL】 0476-95-1111(代表)
メールでのお問い合わせはこちら