1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 健康・医療>
  4. 予防接種>
  5. 予防接種の接種間隔

くらし

予防接種の接種間隔

接種間隔は、接種した日の翌日を第1日目として数えます。

例:8月1日に麻しんを接種した場合

8月2日を第1日目として27日以上あける
8月28日以降に次の予防接種を受ける

別の種類
生ワクチン
27日以上あける
不活性化ワクチン
麻しん風しん混合(MR)、麻しん、風しん、BCG
水痘、おたふくかぜ、黄熱
(ただし、任意接種ワクチン)
異なった種類の
生ワクチン
別の種類
不活性化ワクチン
6日以上あける
異なった種類の
不活性化ワクチン
三種混合、二種混合、ジフテリア、破傷風、ポリオ
日本脳炎、インフルエンザ(季節性・新型)、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌、子宮頸がん
A型肝炎、B型肝炎、狂犬病、高齢者肺炎球菌
(ただし、任意接種ワクチン)
生ワクチン

良い例・・・三種混合1回目⇒20日~56日間あける⇒三種混合2回目接種
悪い例・・・三種混合1回目⇒6日以上あける⇒三種混合2回目接種

* 同一ワクチンを接種する場合は、各ワクチンで定められている間隔・期間で接種しましょう