1. ホーム>
  2. 町政>
  3. 栄町消防本部>
  4. 消火器設置が義務化へ

町政

消火器設置が義務化へ

を使用するすべての飲食店消火器の設置が必要となります。 令和元年10月1日~ 

改正の背景

平成28年12月に発生した新潟県糸魚川市の大規模火災の教訓を踏まえ、消防法が平成30年3月に改正され、火を使用するすべての

飲食店に消火器の設置が義務化されることとなりました。

消火器設置のリーフレット

 

改正の内容

飲食店等においては、延べ床面積150平方メートル以上のものに消火器具の設置が義務付けられているが、今回の改正により火を使用

する設備または器具を設けた飲食店(防火上有効な措置が講じられたものを除く。)については、延べ面積にかかわらず消火器具の設置

が義務付けられることとなりました。

 

 

防火上有効な措置とは

1)調理油過熱防止装置

2)自動消火装置(火災を感知し消火薬剤で自動消火するもの)

3)その他の危険な状態の発生の防止および発生時における被害を軽減する安全機能を有する装置(圧力感知安全装置など)



 

消火器具の点検・報告

消火器を設置後、6カ月ごとに点検し、1年に1回消防署へ点検結果報告書を提出する必要があります。

消火器の点検結果報告書

消火器の点検方法、点検結果報告書記入要領



 

お問い合わせ

消防本部 消防防災課 予防班

電話番号 0476-95-0119

FAX番号 0476-95-7630

E‐mail shoubou@town.sakae.chiba.jp

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは消防防災課 予防班です。

栄町消防署 〒270-1546 千葉県印旛郡栄町生板鍋子新田乙20番地の71
【TEL】 0476-95-8981
メールでのお問い合わせはこちら