1. ホーム>
  2. 町長室>
  3. 町へのご意見・お問合わせ(今までにお寄せいただいたご意見と回答)>
  4. 道路・生活環境(今までにお寄せいただいたご意見と回答)

町長室

道路・生活環境(今までにお寄せいただいたご意見と回答)

今までにお寄せいただいたご意見と回答

平成27年8月の回答分まで掲載しています。

道路・生活環境

 

「剪定枝回収ボックス」について
ご意見  

剪定枝や葉の拠点回収を続けてほしい。

回答 

今回の雑草等回収コンテナの設置につきましては、今まで印西クリーンセンターに搬入されていた剪定枝や雑草を堆肥化し、ごみの減量化を図るための試みとして、5月から7月までの3ヶ月の間、拠点回収を実施したものです。

なお、今後どのように実施するかは、町民の皆様方の御意見やごみの減量効果などの分析をもとに、検討していきたいと考えています。

(平成27年8月回答) 

安食駅のエレベーターについて

 
ご意見  

 エレベーター壁面に「町でつくった」と表示できないか。 

回答 

安食駅南北自由通路エレベーターにつきましては、国や県の補助金を活用して、町財政の支出を最小限に抑え、本町が設置したものでございます。

 ご意見のように、町外からお越しになる方は、本町が設置したのか、JRが設置したのか判らない方もいらっしゃると存じますが、誰が設置したかに関わらず、大切にご利用いただければと思います。

 また、エレベーター壁面の利用につきましては、栄町のPRや町外から訪ずれる方へのおもてなしの表示を掲示するなどの活用を検討したいと思います。

(平成27年6月回答) 

安食駅の自由通路の設置等の改修に係る募金について

ご意見  

 安食駅の自由通路を改修するために、利用者等から募金を行い、その資金を充当して工事を行えば良いのではないか。 

回答 

 安食駅に関しては、駅舎を含め、全体的な利用環境の改善を目指し、橋上駅舎の整備について、幾度となくJR東日本と整備費や整備手法について相談してきたところです。しかし、駅整備に関しては、多額の費用が掛かり、そのほとんどが自治体、すなわち税金を投入することになっております。
 当町におきましては、財政状況が厳しい中で、少子高齢化対策や人口減少対策など優先課題が多く、短期間に高額な財政投資を行うのは難しい状況にあります。

 しかしながら、安食駅の利用環境改善は積年の課題であることから、橋上駅舎の整備が実現するまでの措置として、本年度中に南北自由通路へのエレベーター設置工事を完了する予定となっております。この自由通路のエレベーター設置工事にあたりましては、国の補助金等を活用しておりますので、募金を行う予定はございません。

 このエレベーターが設置されることにより、高齢の方、車いす利用の方、また、妊婦やベビーカーを利用する子育て世代の方なども利用しやすくなります。

 更に、本年度は、南北自由通路の改良工事の他、駅構外に設置してあります公衆トイレの改修、駅前広場の改良設計を実施し、安食駅周辺施設のバリアフリー化事業を実施し、安食駅を利用される方々の利便性の向上に努めることとしております。

(平成26年6月回答)

資源物のゴミ袋について

ご意見  

以前よりもゴミ袋が小さくなった。以前の大きさに戻してほしい。 

 回答

町は、ごみ袋の規格検査を実施して、指定した規格のとおりになっているか確認をしております。
 近年においては、町指定ごみ袋の容積と形状について、3種類のいずれのサイズも変更はしておりませんので、同じサイズのもので袋の容量が小さくなったということはないと思いますが、もし、町指定ごみ袋に不良品等がございましたら、環境課資源班(0476-33-7710)までご連絡ください。
(平成25年9月回答) 

野焼き禁止対策の徹底について 

ご意見 

 自宅の庭で植木の剪定枝の野焼きで2回注意されました。役場の職員は1回目は「すぐにやめるように」とだけ言って帰りました。2回目は「次は警察に連絡する」と言い、野焼き禁止のビラを置いて帰ろうとしました。大量の剪定枝だったので、「どうすれば良いのか?」と聞いたら、役場で手続きをしてクリーンセンターで処分できることがわかりました。
 
役場から渡されたビラには、禁止と言っているだけで対処方法は書かれていません。違法行為をしないよう対処方法も含めて周知徹底するのが役場の仕事と思います。 

回答

野焼き(屋外焼却)につきましては、発生したばい煙やばい塵等が近隣に飛散し人の健康や生活環境に支障をきたす恐れがあることから、屋外での焼却行為は、原則禁止されております。(廃棄物の処理及び清掃に関する法律第16条の2)ダイオキシン類の発生原因となる廃棄物や樹脂類はもちろんのこと、木材(伐採木及び剪定枝を含む。)、草、油脂類、布、紙類も燃やすことは禁止されています。
 このため、ご存じのとおり町内の家庭や事業所から発生した廃棄物は、処理基準に適合した印西クリーンセンターで処理・処分を行っております。
 町では、野焼き行為に対する通報等があった場合、職員が現地を確認し対応しておりますが、その際十分な説明がなされず、不快な思いをされたことに関してお詫び申しあげます。
 
今後は、広報や行政回覧による啓発を行い、野焼き(屋外焼却)に関する現地確認の際、廃棄物(剪定枝等)の処分方法についての十分な説明を行ってまいります。 (平成24年7月回答)

JR安食駅の美化運動について ご意見 先日、安食駅の草刈りボランティアがあり参加しました。
その際、気付いた箇所があったので、可能であれば町で取り組んでいただきたい。

1.トイレ外壁のらくがきを消し、町内児童の絵画等を飾る
2.放置自転車の完全撤去
3.未舗装エリアの見直し
舗装がつぎはぎのような所や除草が必要な所は舗装する
4.駅の周りに空きスペースがかなりあるので、そこに花等を植える
回答 ご指摘のとおり現在、JR安食駅のトイレ外壁には落書きがされ、美観を損ねた状態であり、町としましても今後改善が必要であると認識しております。町内には、安食駅から安食台方面に向かう緑道にある堀口橋の側面に栄中学校美術部の生徒さんが描いた壁画があり、多くの通行人の目を楽しませてくれています。JR安食駅は町の玄関口ともいえる場所であり、駅前公衆トイレについても皆さまに気持ちよく利用していただくため、中学校美術部の協力を得て、トイレ外壁部分に壁画を描く方向で検討しております。
つぎに放置自転車の撤去についてですが、11月の広報紙でもお知らせしましたが、11月30日まで県下一斉に「駅前放置自転車クリーンキャンペーン」が実施され、町でもこの期間中に放置自転車の整理を行います。長期間置き去りになっている自転車については、駐輪場周辺に自転車の移動を行う旨の周知看板を設置するとともに、「移動予告書」の貼り紙をし、移動予告書が貼られたまま置いてある自転車を一斉に仮保管所に移動いたします。
つぎに未舗装エリアの見直しについてですが、南口第一駐輪場から駅改札に向かう部分に少し段差のある未舗装部分がありますので、JRとの協議を行いながら未舗装部分の改善について検討いたします。
つぎに駅周りの空きスペースに花等を植えるとのご意見ですが、現在、ロータリー部分は「花・花・H20」というグループのみなさんが年間を通して美化活動をしてくださっております。建設課ではアダプト制度(道路や公園・緑地などの公共施設を地域住民のみなさんが定期的に美化活動を行い、町と協働で管理する制度)を推進しており、活動に際して必要となる機材の貸与・消耗品などの支給等を行っております。
今後もJR安食駅周辺の美化について、利用者の皆さまが気持ちよく利用できるよう取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
(平成23年11月回答)
けやき通りの大型車の通行規制について ご意見 最近、けやき通りの大型車の通行が多くなり騒音及び排気ガスに悩まされています。酒直台交差点・ナリタヤさんの交差点に大型車通行禁止のたて看板があるが、あまり目立つ事無く設置されているためか何の効果も無い様に思います。規制することが無理であるなら防音壁等の設置をしてほしいとさえ思います。道路の安全・住みよい栄町になるよう対処願います。
回答 栄町内の国道356号及び主要地方道成田安食線並びに両路線のバイパスについては、道路交通法の規制により大型車の通行が制限されていることから、許可車両以外の大型車が、けやき通りやさわやか通りを通行することはできない事となっております。
しかしながら、実態としてはご指摘のとおり、規制を無視した大型車両がけやき通りを通行している状況であります。
この問題につきましては、町としても大変苦慮しているところであり、栄町を管轄する印西警察署及び成田警察署と協議を行い、交通管理者としての対応について要望しておりますが、具体的な対策がとられていないことから、今後も引き続き関係機関と協議を行ってまいります。
また、現在町で設置しております「大型車通行禁止」の看板については、設置箇所を再考し、効果的な場所に設置することといたします。
(平成23年8月回答)
けやき通りの欅の伐採について ご意見 1.町民として、恥ずかしい環境破壊と景観です
2.けやき通りの欅を何故、伐採してしまったのですか?
水と緑の町ではなかったのですか?
欅は、空気を浄化する作用が大変優れている樹木です!
私達住民が納得できる返答を求めます!あの伐採は、多くの木を枯れさせます。
回答 欅の剪定につきましては、けやき通りに隣接する住民の方々から、「落ち葉の掃除が大変である、落ち葉が屋根の雨樋に詰まり樋が腐ってしまう、日差しが遮られ洗濯物が乾かない、枝が伸び宅地まで入り込み防犯上好ましくない、発生した毛虫が枝を伝わって家に入ってくる、枝葉の影響でTV(衛星)受信に支障がある」などの声をいただいておりました。
また、路線バスをはじめ町循環バスや幼稚園・病院等の送迎バス等の通行時に枝が接触して危険、枝葉で交通標識や信号が見えなくなるなど、交通上の問題も指摘されていました。
町としましては、環境や景観も重要であることは十分認識しておりますが、安心・安全という観点から、実際にけやき通りの沿道に住まわれている住民の方々の要望、また、交通上の問題を重視するという考えのもと今回の剪定に至ったものでございます。
なお、この剪定は、素人が無造作に行なっているものではなく、造園業者に委託し実施しているものです。
諸事情をお察しの上、ご理解をいただきますようお願いいたします。
(平成23年2月回答)
街路樹の消毒について ご意見 緑道の街路樹に害虫が発生していますので、至急消毒をお願いします。
場所は、安食台三丁目16街区に隣接する緑道です。梅の木に似た種類の木二本です。ついでに下枝も切って頂ければ、なお結構です。
回答 9月に入ってから、毛虫が発生してまいりましたので、街路樹の消毒作業を9月13日(月)から実施する予定です。なお、天候(雨・強風等)により日程が延びる場合もありますが、なるべく早い時期に実施したいと考えております。また、併せて下枝の処理も行います。(平成22年9月回答)
緑道の木の枝の剪定について ご意見 緑道の木々の緑も濃くなり、実を付け枝も伸びてきました。今日からは梅雨入りとの事で、雨の降る日が多くなって来ます。
雨の重さ等により、傘をさして通行するには垂れ込めた枝が邪魔になり、傘にひっかかる状況です。通行の邪魔にならない程度まで、枝の剪定を至急お願いします。
回答 緑道等の木の枝の剪定につきましては、順次計画的に剪定を行っておりますが、すべての場所をこの時期に一斉に剪定することが困難なため、ご不便をおかけしております。
いただいたお手紙では、場所が特定できませんが、実際に通行する住民の皆様から担当課(建設課)へご連絡をいただければ、より実態に即して剪定していくことができますので、ご協力をお願いいたします。
なお、木の枝の剪定の仕方ですが、通行に不都合なほど邪魔な場合はすぐに剪定いたしますが、それぞれ見る方により、剪定し過ぎ等のご意見をいただくこともあり、担当課で苦慮するところですので、ご理解をお願いいたします。(平成22年7月回答)
宅地(更地)の草刈りについて ご意見 安食台○丁目の宅地(更地)は草を刈らず、草の生え放題です。町の条例に照らし、放置しておいて良いものでしょうか。
宅地の所有者が、町の条例を守らないのであれば所有者の名を公示してください。
回答 町は、「あき地に繁茂した雑草等の除去に関する条例」に基づき、土地所有者に対し雑草除去に関する指導を行っております。
今回のケースについては、町からの2回にわたる指導通知に対して相手方からの意思表示が無く、また、連絡先についても確認がとれず所有者と直接話し合えない状態です。
このような状況下、個人の所有地であるため、敷地全体の除草を町では実施できませんが、一時対応として歩道にはみ出た部分及び見通しが悪いところ等の部分的な草刈を町で実施することといたしました。また、引き続き土地所有者と通知だけでなく直接連絡が取れるよう調査を進めてまいります。
なお、所有者の名前を公示していただきたいとの要望につきましては、栄町個人情報保護条例により公表することはできませんので、ご理解願います。(平成22年1月回答)
緑道の樹木の毛虫について ご意見 安食駅から栄中入口までの緑道にある樹木に毛虫が沢山付いています。至急駆除願います。
回答 ご指摘の件につきましては、9月10日ごろより多くの要望が寄せられており、町といたしましても早急に駆除すべく準備を行っておりましたが、天候(風)の状況で、殺虫剤が飛散し近接の住宅に影響が出ることから、実施できませんでした。
9月17日に現場を再点検したところ、桜の木に付いていたアメリカシロヒトリは、ほとんどいない状況でしたが、さざんかに多く毛虫がついておりましたので、本日(9月18日)消毒作業を実施いたしました。
また、今後は薬剤散布の適期に実施できるよう改善していきます。(平成21年9月回答)
動物愛護法の周知徹底に関するポスターの掲示について ご意見 環境省が作成したポスターは、まだ、栄町には届いていないようですが、このポスターは多くの動物愛護に関わるボランティアの願いを、環境省担当者の方が受け入れて下さり作成したポスターです。目的は「動物愛護法の周知徹底」です。
愛玩動物を遺棄・虐待する事が犯罪だと知らない人がたくさんいます。無責任に、ペットを捨てる人がいなくなるよう、そして動物を虐待する人間を減らすためにも、ぜひこのポスターを人目につく場所へ掲示して下さい。
回答 環境省が作成したポスターについては現在のところ当町には届いていないため、そのポスターの作成と配布について千葉県健康福祉部衛生指導課に確認したところ、確かに環境省から県には届いているということで、ポスターについては県の出先機関である各保健所を通じ、3月末までに各市町村に配布するとの回答でした。
当町では幸い、動物をみだりに遺棄する、虐待するなどの連絡はここ数年ありませんでしたが、『動物の愛護及び管理に関する法律』を遵守し、未然に遺棄、虐待などを防ぐ意味でも、このポスターが届きましたら、公共施設等に掲示し啓発に努めて行きたいと考えております。(平成21年3月回答)
循環バスの委託先について ご意見 循環バスの委託先である株式会社ニュー東豊が、平成21年2月18日をもって、我孫子市内の路線バスを廃止し路線バス事業から撤退しました。路線バスを撤退した会社が、循環バスの事業をしていいのでしょうか?町の循環バスは、信用のおける路線バス事業者への委託にして下さい。
回答 路線バス並びに循環バスの事業を行うには、道路運送法に基づく旅客自動車運送事業の許可を国土交通大臣から受けなければなりません。
当然のことながら許可要件として、安全運行を中心に組織体制まで審査が行われています。ご指摘のように我孫子市内における路線バス事業からの撤退については、町循環バス受託会社から報告を受け事実を確認しています。
しかしながら、路線バス事業者としての許可が失われたわけではなく、事業者として事業規模を縮小したものであり、安全運行の体制においては、路線バス事業者並びに貸切バス事業者であることから体制が維持されております。近隣市町村における路線バス事業者においても一部の路線において、採算が取れないことを理由に廃止し事業規模の縮小や事業転換を図っています。
また、定期的に国土交通省における監査があり、問題が発生している場合は改善が指示され、その内容がインターネット上で公表されておりますが、現状での問題は確認されておりません。したがいまして、事業規模の縮小を理由に契約の解除は難しいものと考えておりますが、委託をしている当町といたしましては、路線バス事業者の運行管理体制等を注視し、今後の安全運行を図っていきたいと考えます。(平成21年2月回答)
鎌ヶ谷・本埜線バイパス延伸工事について ご意見 鎌ヶ谷線の道路が本埜の方では盛り土が始まっていますが、安食においてはいつごろから、着工予定ですか?
回答 県事業である鎌ヶ谷・本埜線バイパス延伸工事は、千葉県に確認したところ町区域内においては、現在、各地権者との用地交渉中であり工事着工についても当初計画より遅れている状況とのことです。
町では、若草大橋延伸線の計画化と合わせ、同バイパス線の早期開通を随時要望しておりますので、事業の進捗状況を確認しながら、今後も継続した要望を実施してまいります。(平成21年2月回答)
公園の有料使用について ご意見 公園の定期的使用(レジャー目的)で建設課が許可していますが、有料使用にしていただきたい。なぜなら、不特定一般住民はその時間帯に使用を制限されるからです。同じ都市計画税を負担していて、不公平だと思います。
回答 町内の都市公園は、栄町都市公園管理条例にもとづき、水と緑の運動広場(有料施設)及びその他の公園施設では、営利を目的として公園を占用する場合に使用料を徴収しております。
お手紙のレジャー目的に対する許可というのは、グラウンドゴルフの利用団体のことかと思われますが、当該団体は高齢者の体力と健康の増進を目的とした公園使用であり営利を目的としたものではないため、現状での使用料の徴収は特に考えてはおりません。 (平成21年2月回答)
跨線橋周辺の清掃について ご意見 誇線橋周辺・橋上が汚いとの意見に、ボランティアの手がなくなったとの回答があった。
何故、人任せにするのか?自分たちで積極的にやろうという姿勢をみせないのかが理解できない。各課に協力を求め、週に1度位でもいいから清掃することはできないだろうか。
回答 現在町では、厳しい財政状況が続く中、職員で担える業務は職員で行うことを基本に、公園等の公共用地の除草作業や庁舎清掃を全職員で、公園のトイレ清掃や粗大ゴミ収集などを担当課職員で行っており、跨線橋の清掃につきましても、建設課で行うようにしています。(平成21年1月回答)
利根川サイクリングロード上の鉄板について ご意見 若草大橋道路から100mほど走った利根川サイクリングロードにて自転車で転倒者発生しました。鎖骨骨折の重傷です。原因はサイクリングロード上に敷かれた鉄板で自転車のタイヤが滑り転倒。
この鉄板は何年も前から敷かれており、特に鉄板上が濡れている状態だとすべることがあり、以前から危険だなあと思っていました。この鉄板は何のために敷いてあるのですか?不要であれば直ちに撤去をお願いします。
回答 利根川サイクリングロード上の鉄板について、建設課に調査をさせたところ、鉄板は利根川の河川管理者である国土交通省安食出張所が、川砂採取業者が車輌の通行により堤防の上を痛めないように敷かせた物であり、撤去は出来ないとのことでした。
今後は、再度転倒等の事故が発生しないように、十分な安全対策を講じるよう国土交通省安食出張所に依頼いたしましたので、ご理解をお願いいたします。(平成21年1月回答)
桜の木の毛虫対策について ご意見 今夏は、家の前の道路の桜の木に毛虫が大量発生し、我が家まで来てしまい、毛虫退治の戦いで閉口しました。
通りがかりの方達は、桜の花が咲いている数週間のみ、「あぁ、きれいだね。」と見ていくだけで、後の苦労、大変さは被害にあっている人達じゃないと、役場の人達だってわからないでしょう。
この春、栄町にも桜の花の並木道、桜のトンネルを作るとかで、土手にも随分苗木を植えていきました。桜並木はいいと思いますが、それにはそれなりに手入れの徹底を約束してほしいのですが、町としてはどのような取り組みをしているのか、お聞かせください。町全体に植えていると言っていましたので、消毒と剪定の徹底さえ、きちんと守っていただければ幸いです。
回答 近年、さくらの会や観光協会が連携して「桜の名所づくり」を行い町の活性化につなげようとする活動が活発に行われており、新たな苗木を前新田地区や和田地先の土手にも植樹しております。
ただ、今までは、お手紙にてご指摘のとおり、以前に植樹した木や新たに植樹した苗木につきましても、剪定作業が行われていない状態であったため、木本体も病気等が発生したり、周辺環境にも悪影響を及ぼしていたことも事実であり、殺虫作業につきましても、随時に行ってはいるものの、今年の異常発生には充分な対応ができなかったことで、大変ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。
このような現状から、町は、さくらの会・観光協会と連携して、昨年度より剪定作業を計画的に実施するようにしております。
昨年度につきましては、町内小中学校を始めとしドラムの里周辺や安食・北辺田地区を中心に作業を行い、今年度は布鎌地区を行う予定です。また、殺虫作業につきましても、状況を確認しながら年2~3回の薬剤散布を行い、良好な状態を保つようにして行きたいと考えております。(平成20年10月回答)
水道代について ご意見 水道代がものすごく高いです。高いだけならまだしも、そのうえ質が悪い。夏はなまぬるい水しか出ません。
回答 水道事業を運営するに当たっては、法律により独立採算制がとられており、個々の水道事業体の地理的条件や経営の状況によって料金には違いがあります。長門川水道企業団では基本料金の他、使用水量に応じて単価が上がる逓増型従量料金との二部制の料金体系をとっています。この料金算定については、事業に要する費用を料金によってまかなうこととしており、既存の水道施設により給水を行うための原価をまかなうものの他、安定給水を確保するために実施する施設の建設、改良、及び再構築も可能となるよう算定しているものです。
水質につきましては、「水道法」に定められた水質基準に適合したものを給水しています。なお、水温に関しましては地表水を水源としているため季節的な変動が生じます。水温の調整には多額の費用を要するため、現在のところ常温での給水となっております。(平成20年7月回答)
※長門川水道企業団 企業長 川崎吉則として回答したものです。
※町長の姓は正しくはの文字を使用しますが、ホームページを閲覧するパソコンの機種によっては正しく表示されない場合があるため、このホームページでは「崎」の文字で代用しています。
跨線橋について ご意見 最近、駅に行く跨線橋が汚い。階段、橋上、あらゆるところに目に付く大きなゴミが落ちている。物によっては、滑りやすい物も有り、大変危険だと思う。
定期的な清掃や、巡回をお願いしたい。
回答 駅の跨線橋につきましては、前年度まで町が委託する駐輪場管理人が駐輪場内の整理に併せ階段、橋上の清掃も行っておりましたが、今年度より駐輪場の管理委託が困難となったことから、今後駅周辺の環境美化におけるボランティア団体の協力要請等を働きかけるなどして、環境美化に努めていきます。
また、建設課でも巡回を行い、清掃を実施していきたいと考えております。(平成20年7月回答)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 秘書人事班です。

栄町役場 3F西 〒270-1592 千葉県印旛郡栄町安食台1丁目2番
【TEL】 0476-95-1111(代表)
メールでのお問い合わせはこちら