1. ホーム>
  2. 町長室>
  3. 町へのご意見・お問合わせ(今までにお寄せいただいたご意見と回答)>
  4. その他(今までにお寄せいただいたご意見と回答)

町長室

その他(今までにお寄せいただいたご意見と回答)

今までにお寄せいただいたご意見と回答

平成27年8月の回答分まで掲載しています。

その他
栄町プレミアム商品券について ご意見 

 プレミア商品券で買い物をしたら、ポイントが付かなかった。プレミア部分は店舗が負担しているのか。 

回答  

 商品券の発行については「栄町商工会」が発行しており、町においてはその事業に対して補助を行っております。

商工会と取扱店との取り決めについて商工会に確認したところ、特に発行者の商工会では制限していないとのことです。

そのためポイント等のサービスについては、店舗独自の考え方のため、直接お問合せ頂ければと存じます。

なお、プレミアムの部分(30%)につきましての負担は、国(20%)と県(10%)で負担をしており、取扱店が負担しているものでは、ございませんので、よろしくお願いいたします。

(平成27年6月回答)

安食駅北側への改札設置について

ご意見 

 住民の半数は北側に住んでいるのに、南側にしか改札がない。

毎日毎日のことであり、年間の「人々が階段を行き来する時間」は膨大である。改善を要望する。 

回答   安食駅の改札につきましては、ご指摘のとおり南側のみであり、北側から駅を利用される皆様には、高低差が大きい自由通路を渡らなければならないなど、大変ご不便をきたしております。

 このような状況を解消するため、安食駅舎を含め、全体的なバリア解消を目指し、橋上駅舎の整備について、幾度となくJR東日本と整備費や整備手法について相談してきたところですが、駅整備に関しては、多額の費用がかかり、そのほとんどが自治体、すなわち税金を投入することになっています。当町におきましては、厳しい財政状況の中で短期に多額の財政投資を行うのは難しい状況にあります。

 また、駅北口改札の設置につきましても、JR東日本に対して、要望しておりますが、現在設置されている改札の反対側(北口改札)については、JR東日本としては設置しない方針で一貫しております。

 そこで、当町といたしましては、駅利用者の利便性の向上を図るため、自由通路へのエレベーターの設置を考えており、設置についてJR東日本と協議を進めるとともに、国等の財政的な支援が受けられるよう要望してまいりますのでご理解とご協力をお願い申し上げます。

(平成24年8月回答)

安食駅舎改築について ご意見 既に安食に住んで22年になりますが、毎日都内へ通勤しております。年齢とともに駅階段の昇降が辛くなっており、お年寄りは大変な事と思います。早急に駅舎の高架化(2階で改札)と、北口からも入れる様にし、お年寄りと身体の不自由な方用にエレベーターの設置は出来ないものでしょうか?これ迄の町長も何度か話題には上げていましたが、是非、実現を期待します。
回答 安食駅につきましては、南北を結ぶ自由通路が整備されているところですが、ご指摘のように高低差が大きく高齢者や障がいをお持ちの方にとっては、利用しづらい状況でございます。
そこで、安食駅舎を含め、全体的に高低差などの解消を目指し、橋上駅舎の整備について、幾度となくJR東日本と整備費や整備手法について相談してきたところですが、駅整備に関しては、多額の費用が掛かり、そのほとんどが自治体の負担、すなわち税金を投入することになっています。当町におきましては、財政の悪化の中で、少子高齢化対策など優先課題が多く、短期に高額な財政投資が安易に行える状況にありません。
また、駅北口改札の設置につきましても、JR東日本に対して要望しておりますが、現在設置されている改札の反対側(北口改札)には、JR東日本の方針として設置しないとした見解でございます。  そこで、当町といたしましては、駅利用者の利便性を図るため、自由通路へのエレベーターの設置を前提にJR東日本と協議を進めております。
本来ならば、橋上駅舎を整備し、安食駅全体の利用環境の改善が図れれば良いのですが、現在の町の情勢におきましては、橋上駅舎の整備に重点的な投資が出来る状況ではありません。従いまして、エレベーターの設置につきましては、国等の支援が受けられるよう調査・研究を行うとともに、早期にJR東日本へ提案したいと考えております。
(平成22年10月回答)
深夜バスの再開について ご意見 去年10月25日から運行が休止となっている深夜バスですが、原油価格の変化に伴って再開はないのでしょうか?利用していたのでぜひ再開をお願いします。
回答 深夜バスは、JR線における我孫子からの最終電車発車後の栄町への交通手段として、町としても大変期待をしていたところ運行休止となり大変残念に思っております。運行事業者に確認をしたところ、JR成田線(我孫子~成田)利用者の減少などから深夜バスへの需要が見込めないとのことで、燃料の価格が安定した現在においても運行再開の見通しが立たないとのことです。
町といたしましては、利用者からの声として、運行事業者に伝えていきますのでご理解をお願いいたします。
(平成21年2月回答)
Bフレッツの
提供エリアの状況
について
ご意見 NTT東日本によるBフレッツの提供エリアの状況ですが、栄町の提供エリアの進捗状況は県内でも遅れているように感じます。栄町で最初に提供されたエリアが比較的住宅街から離れた工場地帯にあり、最近やっと中心地である安食周辺に拡大されましたが、南ヶ丘地区においては今のところ何の音沙汰もありません。町としてのNTTへの要請の依頼と今後の拡大予定をお知らせいただきたい。
回答 千葉県のブロードバンド整備状況ですが、光ファイバ、ADSL、ケーブルインターネット、無線等のいずれかのサービスも全く利用できないブロードバンドゼロ地域世帯が存在する市町村が、56市町村中、未だに25市町村存在します。
栄町は、安食地域においては、NTT東日本のBフレッツ、布鎌地域においては、㈱広域高速ネット二九六のケーブルインターネットが全域整備されており、総務省関東総合通信局の見解では、非常にインフラ整備の進んでいる町とされています。
NTT東日本のBフレッツに限って申し上げますと、昨年やっと安食地域全域が整備され、ブロードバンドゼロ地域世帯がなくなりました。
NTT東日本も民間企業であり、設備投資に対する回収が見込めなければ会社として新たな整備は難しいとのことです。栄町安食地域において、Bフレッツの加入が2割見込めるとのNTT東日本千葉支店のシミュレーション及び町からの要望もあってか、昨年7月下旬に整備計画が発表され、当初興津地区のみが除外されていたのですが、町との協議の結果、整備エリアに入れていただけることとなりました。
しかしながら、現在のところ加入状況は思わしくないとのことです。安食地域で2割の加入があれば、今後、布鎌地域への展開も考えられるとの見解をいただいていたのですが、全くの期待外れとのことです。町としても引続きNTT東日本への要望と加入率アップのための広報等の協力は行っていきます。
ただし、布鎌地域には、既に全域広域高速ネット二九六のケーブルインターネットが整備されており、現在下り最大通信速度20Mbpsですが、今後120Mbpsに増速される可能性もあり、可能性としてはこちらのほうが高いと思われます。
(平成21年1月回答)
地区懇談会について ご意見 8月か9月に町長さんと話し合う会の回覧板が回ってきました。残念ながら用事ができて出席できませんでしたが、とてもいいことだと思います。これからも、町の声を直接聞いてくれることがあってもいいと思っています。
回答 町長と直接話し合う会としてお手紙にありました地区懇談会は、毎年1回、地区連絡協議会(自治組織の代表者の集まり)が主催で各小学校区ごとに行っております。
他にも、まちづくりについてテーマを決めてグループ(3人~10人程度)で町長と話し合う「町長と語る座談会」があります。申し込み制で随時行っていますので、総務政策課秘書人事班へお申し込みください。
(平成20年10月回答)
安食駅の
スタッフについて
ご意見 きっぷ売り場のしまっている時間が長い。中にいるなら出てくるべきでは?
回答 安食駅の営業形態や駅員等の勤務形態などについては、民間企業である東日本旅客鉄道株式会社の経営上の問題であるため、今回のご意見を受けて、町が回答することは差し控えたいと存じます。
町としては、安食駅の利用者から今回のご意見があったことを、安食駅にお伝えいたします。
(平成20年4月回答)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 秘書人事班です。

栄町役場 3F西 〒270-1592 千葉県印旛郡栄町安食台1丁目2番
【TEL】 0476-95-1111(代表)
メールでのお問い合わせはこちら