教育支援センター ゆうがく館

学校へ行きたいのだけれど登校できない。登校しようとすると体の調子が悪くなってしまうなど、心配ごとや不安・悩みがあって学校に行けない児童・生徒が、楽しく安心して通える教室です。
児童・生徒が教育支援センターゆうがく館に出席した日は、本来の在籍校に出席したものとみなされます。
教室では専門の指導員及び指導主事が、一人一人の悩みを受け止め、カウンセリングや学習相談・学習指導、グループ活動等を通して、学校生活や社会生活にとけこめるよう援助します。

どこにあるの

ふれあいプラザさかえ(ふれあいセンター2階)
0476-80-1520

どんな学習をしているの

ゆうがく館における主な活動は次のとおりです。

  • 教科学習、創作活動、グループ活動、体験活動、教育相談

  • 活動にあたっては、一人ひとりが充実感を味わえるように、児童・生徒の心理的状況を充分に考慮して進めます。また、援助の過程としておおまかに3つの段階を年間サイクルとして考えています。

  • 第1段階: 自分をリラックスさせる(楽しく通級できる)
    ゲーム学習、読書等
    第2段階: 自己表現させる(何事にもできるかぎりチャレンジする)
    通級している児童・生徒との交流、行事参加等
    第3段階: 自分をみつめさせる(自己を客観的に見つめる)
    日記、作文、体験登校等

これらの活動とともに、保護者との話し合い、家庭訪問、在籍校担任との連携、学校への橋渡しなどを積極的に行ないます。

いつ開いているの

教育支援センターゆうがく館は、火曜日から金曜日に開いています。
(土・日・祝日・月曜日はお休みです)

9時~12時  自主学習
12時~13時  昼食
13時~15時  集団活動

※自主学習では、自分で学習したいものを持参して、自習形式で進めていきます。相談員はそれぞれの子どもに応じた援助をします。読書や絵を描いたりすることもこの時間にできます。
※昼食は持参し全員で食事をします。
※集団活動では、近隣公園での軽スポーツ、ゲームや会話を通して子どもと相談員、子ども同士が楽しくふれ合う時間です。

授業料はかかるの

無料です。ただし、教材など活動に要する費用は自己負担です。

入室の手続きは

在籍校で入室手続きを行ないます。当館でも手続きができます。

学校との関係は

学籍は在籍の学校のままです。籍を異動する必要はありません。
当館で学校に復帰できるまでの条件が整えられれば、いつでも学校へ復帰することができます。
児童・生徒を学校から切り離して援助するのではなく、学校職員(校長、学級担任、相談係、養護教諭等)、スクールカウンセラーなどと連携して児童・生徒の自立を促していきます。

相談はできるの

相談は電話でも、お越しいただいてもお受けしていますが、直接お越しいただく場合は事前にご連絡ください。

ふれあいプラザさかえ(ふれあいセンター2階)
0476-80-1520

このページに関するお問い合わせは教育総務課です。

栄町役場 2F東 〒270-1592 千葉県印旛郡栄町安食台1丁目2番
【TEL】 0476-33-7716 【FAX】 0476-95-4274
メールでのお問い合わせはこちら

このページの先頭へ