○栄町教育相談員の設置等に関する規則

平成4年3月4日

教育委員会規則第1号

(設置)

第1条 心ゆたかでゆとりある学校教育を求める住民ニーズに応えるため栄町教育委員会(以下「教育委員会」という。)に栄町教育相談員(以下「相談員」という。)を置く。

(職務)

第2条 相談員は、教育委員会から委嘱を受けた学校教育の特定事項について相談に当たるものとする。

(任命)

第3条 相談員は、教育一般に関して豊かな識見を有している者のうちから、教育委員会が任命する。

(定数)

第4条 相談員の定数は、3人以内とする。

(任期)

第5条 相談員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

2 欠員を生じた場合における補欠の相談員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 教育委員会は、前2項の規定にかかわらず、特別の理由があるときは任期中においても相談員を免職することができる。

(勤務場所)

第6条 相談員の勤務場所は、教育委員会事務局とする。

(勤務時間等)

第7条 相談員の勤務を要する日は、原則として1週間につき3日とし、その勤務時間の割振りは別に定める。

(服務)

第8条 相談員は、その職務を遂行するに当っては、法令、条例及び教育委員会規則等に従い、かつ、上司の職務上の命令に従わなければならない。

2 相談員は、その職の信用を傷つけるような行為をしてはならない。

3 相談員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。

4 相談員は、勤務日誌に必要な事項を記載しなければならない。

(研修)

第9条 相談員は、その職責を遂行するために、絶えず研究と修養に努めなければならない。

(報酬及び費用弁償)

第10条 相談員は、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(昭和31年栄町条例第13号)の定めるところにより報酬及び費用弁償を支給する。

(委任)

第11条 この規則に定めるもののほか、相談員に関し必要な事項は教育長が別に定める。

附 則

1 この規則は、平成4年4月1日から施行する。

2 栄町家庭教育指導員の設置等に関する規則(昭和61年6月3日教育委員会規則第6号)は、廃止する。

栄町教育相談員の設置等に関する規則

平成4年3月4日 教育委員会規則第1号

(平成4年3月4日施行)

体系情報
第11類 育/第2章 教育関係職員
沿革情報
平成4年3月4日 教育委員会規則第1号