○栄町送迎保育サービス事業の実施に関する規則

平成28年8月10日

規則第21号

(目的)

第1条 この規則は、送迎保育サービス事業を実施することにより、保育所等を利用できる環境を整備し、児童の送迎に係る保護者の負担の軽減を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 送迎保育ステーション 駅前等の利便性の高い場所において、児童を保育所等へ送迎するため、一時的に保育を実施する場所をいう。

(2) 送迎保育サービス事業 送迎保育ステーションと保育所等の間の車両による児童の送迎並びに送迎保育ステーション及び送迎時の車両内における保育を実施することをいう。

(3) 保育所等 児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第39条に規定する保育所及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成18年法律第77号)に規定する幼保連携型認定こども園であって、栄町の区域内に存するものをいう。

(4) 児童 送迎保育サービス事業を利用する日に3歳に達する日から6歳となる日の属する年度の末日までの間にある者であって、保育所等に入所等しているものをいう。

(5) 保護者 親権を行う者、未成年後見人その他の者であって、児童を現に監護するものをいう。

(対象児童)

第3条 送迎保育サービス事業の対象となる児童(以下「対象児童」という。)は、住所地と保育所等が離れている又は保育所等の開所時間が保護者のニーズに合わない等の理由により、当該事業の利用が必要な者とする。

(事業の休業日及び実施時間)

第4条 送迎保育サービス事業の休業日は、土曜日、日曜日、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日及び年末年始(1月2日、同月3日及び12月29日から同月31日までの日をいう。)とする。

2 送迎保育サービス事業の実施日における実施時間は、午前6時30分から午前9時までとする。

(利用の申込み)

第5条 送迎保育サービス事業を利用しようとする対象児童の保護者は、栄町送迎保育サービス事業利用申込書(別記第1号様式)を町長に提出しなければならない。

(利用の承諾)

第6条 町長は、前条に規定する申込書の提出があったときは、その内容を審査し、送迎保育サービス事業の利用を承諾したときは栄町送迎保育サービス事業利用承諾通知書(別記第2号様式)により、送迎保育サービス事業の利用を承諾しなかったときは栄町送迎保育サービス事業利用不承諾通知書(別記第3号様式)により対象児童の保護者に通知するものとする。

(利用の登録)

第7条 町長は、前条の規定により送迎保育サービス事業の利用を承諾したときは、栄町送迎保育サービス事業利用登録簿(別記第4号様式)に必要事項を記入するものとする。

(利用料)

第8条 第6条の規定により送迎保育サービス事業の利用を承諾された保護者(以下「利用者」という。)は、当該事業の利用料として町長の定める方法に従い、次の表に定める額を負担しなければならない。

区分

利用料

月を単位として利用する場合

月額 2,000円

1日を単位として利用する場合

日額 100円

2 月を単位として利用する場合において、月の途中において事業を利用し、又は中止したときは、日割計算によりその利用料の額を算定するものとする。

3 第1項の規定にかかわらず、生活保護法(昭和25年法律第144号)第11条に規定する生活保護を受給している世帯の利用者については、利用料を徴収しないものとする。

(変更)

第9条 利用者は、第5条の規定により申込みをした内容を変更する事由が生じたときは、栄町送迎保育サービス事業利用変更届(別記第5号様式)により、町長に届け出なければならない。

2 町長は、前項の規定による届出を受け、承諾した内容を変更することが必要であると認めるときは栄町送迎保育サービス事業利用変更承諾通知書(別記第6号様式)により、承諾した内容を変更することが必要でないと認めるときは栄町送迎保育サービス事業利用変更不承諾通知書(別記第7号様式)により利用者に通知するものとする。

(中止)

第10条 利用者は、送迎保育サービス事業の利用を中止しようとするときは、栄町送迎保育サービス事業利用中止届(別記第8号様式)を町長に提出しなければならない。

(利用の解除)

第11条 町長は、利用者の対象児童が送迎保育サービス事業を必要とする状態がなくなったときは、当該事業の利用を解除するものとする。

2 町長は、前項の規定に該当するとき以外であっても、送迎保育サービス事業の実施を妨げる行為があると認められるときは、当該事業の利用を解除することができる。

3 町長は、送迎保育サービス事業の利用を解除する場合は、あらかじめ、利用者に対し、当該解除の理由を説明するとともに、その意見を聴かなければならない。ただし、前条の規定により利用者から送迎保育サービス事業の中止の届出があった場合は、この限りでない。

4 町長は、送迎保育サービス事業の利用を解除したときは、栄町送迎保育サービス事業利用解除通知書(別記第9号様式)により利用者に通知するものとする。

(調査)

第12条 町長は、第6条の規定による審査及び第11条の規定による送迎保育サービス事業の利用の解除を行うに当たり、送迎保育サービス事業を利用しようとする対象児童の保護者又は利用者に対し必要な調査を行い、関係書類の提出を求めることができる。

(委託)

第13条 町は、法第35条第4項の規定に基づき設置された保育所を経営する社会福祉法人その他適切な事業運営を確保することができると町長が認めた特定非営利活動法人等に委託することにより事業を実施するものとする。

(委任)

第14条 この規則に定めるもののほか、事業の実施について必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成28年10月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 送迎保育サービス事業の利用の申込みその他当該事業を実施するために必要な準備行為は、この規則の施行前においても行うことができる。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

栄町送迎保育サービス事業の実施に関する規則

平成28年8月10日 規則第21号

(平成28年10月1日施行)