閉じる

町長室

町長のあいさつ

町長のあいさつ

こんにちは!栄町長の岡田正市です。

このたび、栄町のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
このホームページをご覧いただいた方々にとって「住み続けたいまち」、「住みやすいまち」として、栄町の魅力を感じていただけたらと願っております。

岡田正市町長顔写真

(以下、広報さかえ令和4年1月号より)

 新年明けましておめでとうございます。
 町民の皆様におかれましては、輝かしい新年を健やかにお迎えのことと、心よりお慶び申し上げます。
 また、平素より町政に対しまして、温かいご支援とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、昨年は新型コロナウイルスの感染が急拡大し、千葉県においては1月と8月の2度にわたり緊急事態宣言が発出されるなど、予断を許さない状況が続いた一年となりました。
 新型コロナウイルスワクチンの接種は、春先から医療従事者を中心に全国的に始まり、本町においても5月から町民に対する接種を段階的に開始しました。大きな混乱もなく接種を進めることができましたのは、医療機関を始めとした関係者の皆様のご尽力や、町民の皆様のご理解・ご協力の賜物であり、深く感謝申し上げます。

 昨年の町政を振り返りますと、町内小中学校へ導入したタブレットにより、デジタル教科書の閲覧や学習支援ソフトによる家庭学習での活用、さらにはオンラインでの学校間の交流などの本格的な運用を4月から開始しました。
 また、8月には布鎌小学校校舎の大規模改修工事が完了し、子どもたちの良好な学校環境を整備しました。
 さらに定住・移住面においては、令和元年から安食駅南側に誘導していた民間事業者の住宅開発が実を結び始め、48区画の住宅を建設することができ、若い世帯や子育て世帯の転入につながりました。この結果、令和3年度の社会動態は令和2年度より増加に転じております。
 地域活性化の面では、布鎌の公民館跡地に育成型サッカークラブ「ローヴァーズスポーツパーク印旛」が4月に竣工し、地域に賑わいを見せております。

 この他にも様々な施策を展開しましたが、本年においても各種施策を幅広く積極的に推進してまいります。
 まず、新型コロナウイルスワクチンの追加接種など重症化防止のための接種を着実に実施できるよう、国の動向を注視しながらしっかり準備を進めてまいります。
 また、近年多発する自然災害に備えるため、地域防災計画を改訂し、災害対応はもちろんのこと、発災前に必要な予防や減災などにも重点的に取り組んでまいります。
 さらに、県事業である県道鎌ケ谷本埜線バイパス工事及び安食交差点工事、長門川護岸工事については、早期に完成するよう今後も積極的に県に協力していきます。
 なお、町づくりの基本となる第5次総合計画後期基本計画について、令和5年度からのスタートに向けて、町民の皆様のご協力を得ながら策定してまいります。

 結びに、本年が皆様にとりまして、健やかで素晴らしい年になりますよう心からお祈り申し上げ、新年のご挨拶といたします。

                                             栄町長 岡田 正市

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 秘書人事班です。

栄町役場 3F西 〒270-1592 千葉県印旛郡栄町安食台1丁目2番

電話番号:0476-95-1111(代表)

メールでのお問い合わせはこちら