くらし

  1. ホーム
  2. くらし
  3. 健康・医療
  4. たばこって体に悪い?

たばこって体に悪い?

たばこって体に悪い?

喫煙は健康に悪影響を与えます。

 

たばこには、400種類以上の化学物質、約200種類の有害物質、約60種類の

発がん性物質が含まれています。

 

たばこに含まれる代表的な有害物質

  • ①ニコチン :依存症を引き起こし、血管を収縮させ、血液の流れを悪くします。
  • ②タール  :発がん性物質を含んでおり、がんの発生を促進したり、発育を加速させます。
  • ③一酸化炭素:身体を酸素欠乏状態にするため、動脈硬化症や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こします。

 

こうした有害物質の影響により、 

 (1)喫煙者は非喫煙者に比べて、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)や脳卒中(脳梗塞や脳出血)になる

    危険性が1.7倍あります。

 (2)喫煙者は非喫煙者よりも、喉頭がんに30倍なりやすいと言われています。

 

〈参考:喫煙者の死亡率(非喫煙者を1.0倍として)、平山雄『病態生理』第17巻9号1988参照〉

  • 口腔・咽頭がん 3.0倍
  • クモ膜下出血  1.8倍
  • 喉頭がん    32.5倍  
  • 食道がん    2.2倍
  • 肺気腫     2.2倍
  • 肺がん     4.5倍
  • 心臓病     1.7倍
  • 肝臓がん    3.1倍
  • 胃潰瘍     1.9倍
  • 胃がん     1.4倍
  • すい臓がん   1.6倍
  • 膀胱がん    1.6倍

関連リンク:知っていますか?受動喫煙

       禁煙治療のすすめ

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康介護課 健康推進班です。

栄町役場 1F西 〒270-1592 千葉県印旛郡栄町安食台1丁目2番

電話番号:0476-33-7708

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る