新型コロナウイルス関連情報

令和5年秋開始接種について

接種を受ける際の同意

 新型コロナワクチンの接種は、16歳未満の方の場合、原則、保護者(親権者または後見人)の同伴と予診票への保護者の署名が必要となります。署名がなければワクチンの接種は受けられません。
 予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
 職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

接種が受けられる時期 

「令和5年秋開始接種」は、令和5年9月20日から令和6年(2024年)3月31日まで実施しています。
 

接種の対象

令和5年秋開始接種は、1人1回限り受けることができます。
 対象は、以下を全て満たす方です。 

  1. 生後6か月以上の方
  2. 日本国内で初回接種(1回目・2回目)が完了している方又はそれに相当する接種(※1)が完了している方。
  3. 追加接種(3回目以降の接種)を受けたかどうかは問いません。
  4. 前回の接種から、以下の一定期間が経過していること。
  5. ファイザー社又はモデルナ社のオミクロン株対応1価ワクチンを接種したい場合:3か月以上
  6. 武田社(ノババックス)の従来ワクチン(1価)を接種したい場合:6か月以上
  7. 令和5年秋開始接種では、基本的にオミクロン株対応1価ワクチンによる接種をおすすめしていますが、何らかの理由で同ワクチンを接種できない方は、従来の1価ワクチンである武田社(ノババックス)のワクチンで接種を受けることも可能です。接種を迷う場合は、身近な医療機関等にご相談ください。
 
  1. (※1)次の方が、初回接種(1回目・2回目)に相当する接種を受けた方となります。ただし、日本で該当する回の接種について薬事承認されているワクチン(※2)を接種している場合に限ります。
  1. (ア)海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で初回接種を完了した方
  2. (イ)在日米軍従業員接種で初回接種を完了した方
  3. (ウ)製薬メーカーの治験等で初回接種を完了した方
  4. (エ)海外で初回接種を完了した方
  1. (※2)下表の右欄に記載されている海外製のワクチンは、左欄に記載されている日本で薬事承認されているワクチンと同一のものとして取り扱います。
 

接種ワクチンと接種対象年齢

前回までに接種したワクチンの種類にかかわらず、以下のワクチンを使用します。接種回数は、1回となります。

  1. ファイザー社のオミクロン株対応1価ワクチン(XBB.1.5):生後6か月以上の方が対象です。(生後6か月~4歳の方は乳幼児用、5~11歳の方は小児用、12歳以上の方は12歳用のオミクロン株対応1価ワクチンを使用します。)
  2. モデルナ社のオミクロン株対応1価ワクチン(XBB.1.5):6歳以上の方が対象です。
  3. 武田社(ノババックス)の従来ワクチン(1価):12歳以上の方が対象です。
 妊娠中の方、授乳中の方、新型コロナウイルスに感染したことがある方にとってもワクチン接種はメリットがあるため、接種をご検討ください。詳しくはQ&Aをご覧ください。
 

接種を受ける際の費用

全額公費で接種を行うため、無料で接種を受けられます。

接種を受ける際の同意

(生後6か月~4歳のお子様への追加接種については「乳幼児接種」、5~11歳のお子様への追加接種については「小児接種」のページをご覧ください。)
 

新型コロナワクチンの接種は、国民の皆さまに接種の機会を提供していますが、接種を受けることは強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。ただし、16歳未満の方の場合は、原則、保護者(親権者または後見人)の同伴と予診票への保護者の署名が必要となります。署名がなければワクチンの接種は受けられません。詳しくは「新型コロナワクチンQ&A 」をご覧ください。
 予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意思で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
 医学的な理由により接種を受けられない人もいるため、接種に際して細やかな配慮を行うようお願いしています。職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

  1. 職場におけるいじめ・嫌がらせなどに関する相談窓口はこちら
  2. 人権相談に関する窓口はこちら
  3. ワクチン接種を受けていない人に対する偏見・差別事例に関するQ&A(一般の方向け)はこちら
  4. 労働者の採用、配置、解雇等に関するQ&A(企業の方向け)はこちら
  5. 経済団体等への協力依頼についてはこちら
 

予診票(接種券付)の再発行について

※電話や郵送での再発行は行っておりません。

▶接種者本人または同居の親族が申請する場合は、以下の書類をお持ちください。

・本人確認ができるもの
・今までの接種記録が確認できるもの

▶上記以外の方が代理で申請する場合は、以下の書類をお持ちください。

・接種者の本人確認ができるもの
・今までの接種記録が確認できるもの
・代理者の本人確認ができるもの

接種が受けられる場所

 厚生労働省は、感染症法上の分類を第2類から第5類に変更することに伴い、令和6年4月以降は定期接種(季節性インフルエンザワクチン接種と同じ)に移行することから、個別医療機関での接種を中心に実施していくとされています。そのため、集団接種の実施が難しくなっていますので、かかりつけ医や個別医療機関での接種のご協力をお願いします。
 また、予約が集中してしまうと予約が取りづらくなりますので、期間内に接種を完了するようゆとりをもって接種をお願いします。

▶個別接種会場:北総栄病院(栄町安食2421)
        おがわ内科(栄町安食1-18-23)
        後藤医院(栄町安食3646)
        中山胃腸科外科医院(栄町酒直464-6)
        昭苑台クリニック(栄町安食台4-12-7)
▶小児乳幼児会場:接種会場:後藤医院(栄町安食3646)
         成田富里徳洲会病院(富里市日吉台1-1-1)
 
 また、下記の例により住所地でのワクチン接種ができない方は、住所地以外で受けていただくことができます。
【住所地以外でワクチン接種を受けていただくことができる方の例】
 (1)入院・入所中の医療機関や施設でワクチン接種を受ける方
 (2)通所による介護サービス事業所等の利用者で、その事業所等で行われるワクチン接種を受ける方
 (3)基礎疾患で治療中の医療機関でワクチン接種を受ける方
 (4)副反応のリスクが高い等のため、医師の判断により、体制の整った医療機関での接種が必要な方
 (5)市町村外の医療機関からの往診により、在宅でワクチン接種を受ける方
 (6)災害による被害にあった方
 (7)都道府県等の設置する大規模接種会場等で接種を受ける方(会場毎の対象地域にお住まいの方に限ります)
 (8)職域接種でワクチン接種を受ける方
 (9)お住まいが住所地と異なる方
※(1)~(8)の方については、住所地外接種の手続きは不要ですが、(9)の方のみ、「住所地外接種届」を接種会場の市区町村窓口へ提出してください。
※栄町で住所地外接種を希望する方は、「栄町住所地外接種届」を下記窓口で提出してください。
 
栄町新型コロナウイルスワクチン接種推進室(役場1階)

電話:0476-33-3053

予約の方法

【注意】 
 予約枠の開放のタイミングについては、コールセンターへの予約電話の集中をできる限り回避するため指定日開放は行わず、医療機関との調整が済んだ段階で開放させていただきます。
※接種状況や予診票(接種券付)の発送等の履歴から虚偽の予約を確認した場合は、他の方の予約に影響を与えますので予約の取り消しを行います

 皆さまのご理解とご協力をお願いします。

▼インターネットから
コロナ接種

LINE(ライン)から

コロナワクチン接種予約ができます→こちらをクリック

 

栄町新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

電話予約→ 043-223-7206

※電話番号のお掛け間違いにご注意ください。
※一般のご家庭にご迷惑をおかけしています。


接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
 なお、現在の救済制度の内容については、「予防接種健康被害救済制度について」をご参照ください。

問い合わせ先

スマートフォン用ページで見る