1. ホーム>
  2. くらし>
  3. くらしのお知らせ

くらし

台風15号で家屋を被災された皆様へ

この度の台風により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
家屋の「り災証明書」の発行等について、次のようにお知らせします。なお、「り災証明書」の申請がお済みでない方は、出来るだけ早期の申請をお願いします。

1 り災証明書の発行について

(1)り災証明とは?
災害の被害に遭われた方の申請によって、お住まいの家屋の被害状況の調査を行い、下記の「被害の区分」により認定し、これを証明するものです。なお、認定にあたっては「災害に係る住家の被害認定基準運用指針(内閣府)」によるものです。

被害の区分 認定基準 被害の程度
全壊 家屋が基本的機能を喪失したもの、すなわち、家屋全部が倒壊、流失、埋没、焼失したもの、または家屋の損壊が甚だしく、補修により元通りに再使用することが困難なもの。 損害割合50%以上
大規模半壊 家屋が半壊し、構造耐力上重要な部分の補修を含む大規模な補修を行わなければ、家屋の使用が困難なもの。 損害割合40%以上50%未満
半壊 家屋がその基本的機能の一部を喪失したもの、すなわち、家屋の損壊が甚だしいが、補修すれば元通りに使用できる程度のもの。 損害割合20%以上40%未満
一部損壊 半壊に至らない程度の家屋の被害で、補修を必要とする程度のもの。 損害割合20%未満

(2)り災証明書の用途について

支援金や見舞金等の請求、さらに被害にあった家屋・土地の固定資産税や国民健康保険料等が一時的に減免または猶予される可能性があります。

(3)り災証明書の手続きについて
「り災証明書」の発行手続きは、栄町消防署(栄町生板鍋子新田乙20番地の71)で行っています。
なお、申請の際は、次のものをご持参ください。
①被害状況がわかる写真
②本人確認ができる身分証明書(運転免許証)等

(4)被害程度の判定が再度必要な方について
既にり災証明書の発行を受けた方についても、再度必要になる方は、お申し出ください。
必要に応じて、町で現地被害調査を行います。
※詳しくは、消防防災課【TEL】0476-95-8983までお問い合わせください。

2 台風15号の被害による町税等の減免措置について

このたびの台風15号により被災された方につきましては、被害程度により、町税及び各種保険料について、次のような減免措置が講じられる場合があります。
詳しくは、税務課など担当課までお問い合わせください。

(1)減免措置について

対象税目等 被害(損害)程度 支援内容 手続き 担当課等
固定資産税・都市計画税 半壊以上 課税物件ごとの被害程度により、判断されます。
未到来税額(第3期・第4期)について、減免します。
申請書、り災証明 税務課
【TEL】0476-33-7703
個人町県民税 住宅又は家財の3割以上(保険金等により補てんされる金額を除く)に損害を受けた場合 納期未到来税額(第3期・第4期)について、所得金額及び被害程度により減免します。 申請書、り災証明
国民健康保険税及び医療費一部負担金 住宅又は家財等の3割以上(保険金等により補てんされる金額を除く)に損害を受けた場合 納期未到来分の保険税や医療費の一部負担金について、世帯の所得及び損害程度により減免します。 申請書、り災証明 住民課
【TEL】0476-33-7706
後期高齢者医療保険料及び医療費一部負担金 住宅又は家財等の2割以上(保険金等により補てんされる金額を除く)に損害を受けた場合 納期未到来分の保険料や医療費の一部負担金について、世帯の所得及び損害程度により減免します。 申請書、り災証明
国民年金保険料 住宅又は家財等の2分の1以上(保険金等により補てんされる金額を除く)に損害を受けた場合 納納期未到来分の保険料について免除します。 申請書、り災証明 船橋年金事務所
【TEL】047-424-8811
下水道使用料 半壊以上 1か月分の使用料について減免します。 申請書、り災証明 下水道課
【TEL】0476-33-7712

※上記の他、このたびの台風15号により住宅、家財等に著しい損害を受けた場合には、介護保険料及び利用者負担金の減免措置の対象となる場合があります。詳しくは、健康介護課【TEL】0476-33-7709までお問い合わせください。

(2)徴収猶予措置について

(1)の対象税目等(下水道使用料を除く)については、台風15号により被害を受けたことによって、一時に納付することが困難な場合には、徴収猶予の措置があります。詳しくは、税務課など担当課までお問い合わせください。

3 被災住宅に対する助成措置について

詳しくは、まちづくり課【TEL】0476-33-7719までお問い合わせください。
被災住宅については、次のような助成制度がありますのでお知らせします。なお、いずれの場合も、り災証明書が必要となります。
~瓦屋根等に係る被害の区分は、それぞれ※印のとおりです。~

ア 一部損壊(千葉県からの通知がありました)

助成対象のための厳しい条件があります。なお、詳細については、後日決定されます。

①助成対象:瓦屋根

②助成額:工事費の20%程度で限度額未定

※一部損壊とは?
瓦屋根等に被害はあるが、雨漏りなしなど(損害割合
20%未満

イ 栄町では半壊について被害の申請はありませんが、家屋に対して支援制度があります。

○半壊の応急修理:58.4万円
※半壊とは?
瓦屋根等に相当程度の被害があり、屋内が雨水で浸水など
(損害割合20%以上40%未満

栄町での全壊、大規模半壊は、この度の台風被害では生じていませんが、次のとおり家屋に対して支援制度があります。

災害により居住する住宅が全壊するなど、生活基盤に著しい被害を受けた世帯に対して支援金を支給します。
支援額は、下記の2つの支援金の合計額になります。
(世帯人数が1人の場合は、各該当欄の金額が4/3になります。)

①住宅の被害程度に応じて支給する支援金(基礎支援金)

住宅の被害程度

全壊等 大規模半壊
支給額 100万円 50万円

②住宅の再建方法に応じて支給する支援金(加算支援金)

住宅の再建方法

建設・購入 補修 賃借
支給額 200万円 100万円 50万円

※全壊とは?
瓦屋根等の大部分に被害(損害割合50%以上
※大規模半壊とは?
瓦屋根等の大部分に被害(損害割合40%以上50%未満

エ その他
半壊、全壊については、見舞い金もありますので、詳しくは、社会福祉協議会【TEL】0476-95-1100にお問い合わせください。

4 その他

(1)被災したことにより生計が困難と認められる世帯(低所得者世帯等)に対して、生活費等の資金の貸付制度があります。詳しくは、栄町社会福祉協議会【TEL】0476-95-1100までご相談ください。

(2)国からのお知らせです。生命保険協会・日本損害保険協会・外国損害保険協会・日本少額短期保険協会では、保険金等の請求には、町が交付する「り災証明書」は原則必要ないとのことです。保険金等の請求にあたっては、ご加入の保険会社等に直接お問い合わせください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは消防防災課です。

栄町消防本部 〒270-1546 千葉県印旛郡栄町生板鍋子新田乙20番地の71
【TEL】 0476-95-0119 【FAX】 0476-95-7630
メールでのお問い合わせはこちら