1. ホーム>
  2. くらし>
  3. くらしのお知らせ

くらし

停電後の火災予防について

停電後の火災予防について

 災害により停電が発生すると、電力復旧時に思わぬ火災が発生する可能性があります。消防本部では電力復旧後の火災について注意を呼びかけています。

 通電後の火災を防ぐために必要なこと

・停電中は電気機器のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから離脱する。

・停電中に自宅等を離れる際はブレーカーを落とす。

・再通電時には、漏水等により電気機器等が破損していないか、配線やコードが損傷していないか、燃えやすいものが近くにないかなど、十分に安全確認してから電気機器を使用する。

・建物や電気機器の外見上の損傷がなくとも、壁内配線の損傷や電気機器内部の故障により、再通電から長時間経過した後、火災に至る場合があるため、異常を発見した際は直ちにブレーカーを落とす。

・ガス漏れが発生していないか確認する。

 

裸火の取扱いにご注意を

 停電時、明かり取りの目的でろうそくを使用したり、調理目的でカセットコンロなどの裸火を使用する場合があると思います。普段、裸火を使い慣れておらず、更に災害時による疲労から裸火を使用していることへの注意が十分に行き届かない場合があり、ろうそくやカセットコンロなどの消し忘れ、取り扱いの不注意や転倒などから思わぬ火災へと発展する可能性があります。

裸火の取扱いによる火災を防ぐために必要なこと

・ろうそくなどの裸火を極力使用せず、乾電池式のランタンなどを活用する。

・ろうそくを使用する場合は、金属製や陶器などの不燃の台座に安定させて立たせ、転倒や燃え尽きたときでも火がつかないようにし、その場を離れない。

・裸火が転倒した場合に備え、周囲に燃えやすいものを置かず、消火器や水バケツを用意し、消火できる準備をする。

・カセットコンロなどを使用する場合は、鍋底がカセットボンベを覆うと過熱して爆発する恐れがあるため、鍋底の大きいものは使用しない。

・カセットボンベはしっかりと装着し、ガス漏れがないように使用する。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは消防防災課 予防班です。

栄町消防署 〒270-1546 千葉県印旛郡栄町生板鍋子新田乙20番地の71
【TEL】 0476-95-8981
メールでのお問い合わせはこちら