1. ホーム>
  2. くらし>
  3. くらしのお知らせ

くらし

新型コロナ感染症予防「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

マスクを着用することで、体内に熱がこもりやすくなり、熱中症になりやすいため

十分注意して過ごしましょう。

 

汗

 

 

1.暑さを避けよう

 

・エアコンを利用する等、部屋の温度を調節しましょう。

(感染症予防のため、適度な換気をしましょう。エアコンをつけるだけでは

 換気は行えません。

 

・涼しい服装にしましょう。

  (素材:綿・麻・ポリエステル)

  (形 :ゆったりとしたもの)

 

 

2.適宜マスクをはずそう

 

屋外で人と十分な距離を確保できる場合には、マスクをはずしま

  しょう。

 

・マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分

 とった上で、適宜マスクをはずして休憩をとりましょう。

 

 

3.こまめに水分補給を

 

のどが渇く前に水分補給をしましょう。

 

・1日あたり1.2リットルを目安に(アルコールでの水分補給は×)

 

 水分補給

 

 

4.日頃から健康管理を

 

・日頃から、体温測定、健康チェックを行いましょう。

・体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養しましょう。

・バランスのよい食事と、十分な睡眠で体調を整えましょう。

 

バランス食事

 

 

 (※1)高齢者、子ども、障がい者の方々は、熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。

     3密(密集、密接、密閉)を避けつつ、周囲の方からも積極的な声かけをお願いします。

 

 (※2)日本小児学会は、2歳児未満は呼吸器の空気の通り道が狭いため、マスクは呼吸しにくく、

     呼吸や心臓への負担がかかるなどの理由から、マスクは不要であると公表しています。

 

 

参考:環境省・厚生労働省作成チラシ『令和2年度の熱中症予防行動

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康介護課 健康推進班です。

栄町役場 1F西 〒270-1592 千葉県印旛郡栄町安食台1丁目2番
【TEL】 0476-33-7708
メールでのお問い合わせはこちら