1. ホーム>
  2. くらし>
  3. くらしのお知らせ

くらし

国民健康保険税/後期高齢者医療保険料:新型コロナウイルスの影響により納付が困難な方へ

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減った場合など
一定の基準を満たした方は、国民健康保険税、後期高齢者医療保険料が
減免される場合があります。
次の減免要件《1》または《2》のいずれかに該当する場合は、
申請方法をご確認の上、お手続きください。
後期高齢者医療については千葉県後期高齢者広域連合ホームページをご覧ください。
なお、新型コロナウイルス感染症の拡大防止及び予防のため、
本減免の申請は郵送でも受け付けます。
必要書類のご案内がございますので、
必ず申請前に住民課国保年金班(0476-33-7706)へお問い合わせください。

減免要件

《1》 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った世帯
《2》 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、
山林収入または給与収入(以下「事業収入等」という)の減少が見込まれ、
以下の要件(1)~(3)全てに該当する世帯

(1) 事業収入等いずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補填されるべき金額を控除した額)が
前年の当該事業収入等の額の10分の3以上であること

(2) 前年の地方税法(昭和25年法律第226号)第314条の2第1項に規定する総所得金額及び
山林所得金額並びに国民健康保険法施行令(昭和33年政令第362号)第27条の2第1項に
規定する他の所得と区別して計算される所得の金額(地方税法第314条の2第1項各号及び
第2項の規定の適用がある場合には、その適用前の金額。)の合計額(以下「合計所得金額」という。)
が1,000万円以下であること

(3) 減少することが見込まれる事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下
であること

減免額

減免要件の《1》に該当の場合
全額

減免要件の《2》に該当の場合
対象保険税額(A×B/C)×減免割合(D)
対象保険税額=A×B/C
A:当該世帯の被保険者全員について算定した保険税額
B:世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る令和元年の所得額(減少することが見込まれる事業収入等が2以上ある場合はその合計額)
C:被保険者の属する世帯の主たる生計維持者及び当該世帯に属する全ての被保険者につき算定した令和元年の合計所得金額
主たる生計維持者の
前年の合計所得金額
減免割合(D)
300万円以下
または令和2年2月以降の廃業・失業
10分の10
400万円以下 10分の8
550万円以下 10分の6
750万円以下 10分の4
1000万円以下 10分の2

減免対象となる保険税

令和元(平成31)年度分及び令和2年度分の保険税であって、令和2年2月1日から令和3年3月31日まで
の間に普通徴収の納期限(特別徴収の場合にあっては特別徴収対象年金給付の支払日)が設定されて
いる保険税。
ただし、資格取得日から14日以内に加入手続きを行わなかったため、令和2年1月以前分の保険税の
納期限が令和2年2月1日以降に設定されている場合は、令和元(平成31)年度分2月・3月相当の保険税
となります。

申請方法

新型コロナウイルス感染症の拡大防止及び予防のため、申請は郵送でも受け付けます。
必要書類のご案内や確認がございますので、必ず申請前にお電話にて
住民課国保年金班(0476-33-7706)へお問い合わせください。

【郵送での申請方法】
申請書類を印刷し、必要事項をご記入の上、添付書類とあわせて任意の封筒でご郵送ください。

【窓口での申請方法】
栄町役場 住民課 国保年金班(1階2番窓口)で受け付けます。
※ご自宅等での申請書の印刷が難しい場合は、窓口で用紙をお渡しします。

申請書類・添付書類

申請には以下の書類のほか、診断書や収入等を証明する書類が必要となる場合があります。
(減免要件《1》、《2》共通)
(減免要件《2》の方)


【申請書送付先】
〒270-1592
千葉県印旛郡栄町安食台一丁目2番
栄町役場 住民課 国保年金班 減免担当 行

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは住民課 国保年金班です。

栄町役場 1F東 〒270-1592 千葉県印旛郡栄町安食台1丁目2番
【TEL】 0476-33-7706
メールでのお問い合わせはこちら